« 伊豆爺徘徊記(12.3) | トップページ | 安いが捨てたもんじゃない!?AT-PL30と言うプレーヤ »

2012年12月 4日 (火)

DUKE ELLINGTONのアルバム

今日紹介するのはDUKE ELLINGTONです。アルバムはHI-FI ELLINGTON UPTOWN+1(’52、’97再発)です。

50年代のエリントンといえば、やはり本作と56年のニューポート・ジャズ祭の実況盤が双璧だろう~ネット。

1.SKIN DEEP

2.THE MOOCHE

3.TAKE THE ”A”TRAIN

4.PERDIDO

5.THE CONTROVERSIAL SUITE

6.A TONE PARALLEL TO HARLEM

これは良いですね~。

特に1曲目(SKIN DEEP)が抜群に良い。

私の誕生年に近い時にこんな演奏が録音されているなんてホンと驚いてしまいます。

こう言う古い音源を気楽に楽しむにはCDの方が有利でしょうね。

LPだと必ずしも良い状態で入手出来るとは思えないし、LPで再発されても余り期待は出来ない。

この辺の自由な選択が出来るのも二刀流を楽しむ人にとっては良い方法だと自画自賛しています。

| |

« 伊豆爺徘徊記(12.3) | トップページ | 安いが捨てたもんじゃない!?AT-PL30と言うプレーヤ »

CD温故知新」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12.3) | トップページ | 安いが捨てたもんじゃない!?AT-PL30と言うプレーヤ »