« 伊豆爺徘徊記(2.11) | トップページ | 今日の富士山(2/12) »

2013年2月12日 (火)

視聴感想25~aitlaboブログ(2/11)

昨日の記事です。

~~~~~~~

視聴感想です。

第一報。

やはり試聴感想で多くの方が書いておられるように、素晴らしい音ですね。

私はかねてよりオーディオで音のリアリティを追い求めてきましたが、理想の音により近づいた感があります。

現状の再生環境は以前のメールに書いた 通りですが、現在使用中のDAC(RME Fireface UC)と比較しても、音の透明感、存在感は上回っていると思われます。

DIPSWは、PCM=DSD OFF以外出荷時の設定にしています。

PCM=DSD ONでは、特にアコースティックな音源で間接成分が豊かに なった感じがありますが、先ずはPCMでの音をしっかり聴かせてもらおうと思います。

以下は続報です。

平日は夜間の試聴だったため、音量を控え目にしていましたが、休日に入り、家族の留守中に音量を少し上げてみたところ、DSD変換の効果を実 感できました。

音源にもよりますが、各パートの分離が鮮明になった印象を受けました。それとヴォーカルのリアリティが向上した感じです。

~~~~~~~

皆さんこう言う評価で浸透して来た感じですね。

良いモノは良い、これに尽きます。私にとっても「音飛び・音切れ」何てもう死語です。当該機は残っていますが...。

aitlaboのDACは↑のような不安定要素がないので音楽鑑賞に没頭出来ます。

最高ですね。

| |

« 伊豆爺徘徊記(2.11) | トップページ | 今日の富士山(2/12) »

オーディオ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(2.11) | トップページ | 今日の富士山(2/12) »