« 夏の訪れ(’13) | トップページ | 和心導入! »

2013年7月11日 (木)

COLEMAN HAWKINSのアルバム

今日紹介するのはCOLEMAN HAWKINSです。アルバムはENCOUNTERS(’57)です。

メンバーはCOLEMAN HAWKINS、BEN WEBSTER(ts)、ALVIN STOLLER(ds)、OSCAR PETERSON(p)、HERB ELLIS(g)、RAY BROWN(b)です。

1.BLUES FOR YOLANDE

2.IT NEVER ENTERED MY MIND

3.ROSITA

1.YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO

2.PRISONER OF LOVE

3.TANGERINE

4.SHINE ON HARVEST MOON

二人のts、最高ですね。

深い音域何とも言えません。

これはステレオ初期の録音です。

言い換えればとてもシンプルに振り分けられているのでその分音が非常に鮮明なのです。

再発時期の記載がないので何とも言えませんが素晴らしい盤面状態で言うことありません。

改めてKANDIDで聴いてみました。

音が深くて凄く良いですね~。研ぎ澄まされたテナーが炸裂して気持ち良いです。

| |

« 夏の訪れ(’13) | トップページ | 和心導入! »

LPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の訪れ(’13) | トップページ | 和心導入! »