« 今日の富士山(1/29) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.29) »

2014年1月29日 (水)

パワーアンプ探しの巻

我が家のパワーアンプはDCアンプマニアさんのご厚意で27L故障後ず~っとお借りしているDCアンプです。

私も65歳を過ぎこのままお借りしたままあちらへ旅立つ訳にも行かないので何とかそれまでに遣り繰りして代替機を導入出来ないかと考えている次第です(汗)。

ご本人からは不要になるまでどうぞと有り難いお言葉を頂戴していますが実際日々使っていてこのアンプに何の不満もありません。

ホンとこのまま譲って頂きたい位素晴らしいモノなのです。

しかし、それはどうしても叶わないので代替機の選定なのです。

勿論その代替機の実力はお借りしているモノと同等以上のモノでなければ導入する意味がなく私自身も納得出来ませんから条件的にかなり厳しいモノがあります。

それ位私は今使わせて頂いているパワーアンプを高く評価しています。

以前からパワーアンプの件で相談していたダイナの厚木店長さんから先日メールを頂戴しました。

当初今月末までに将来導入予定のパワーアンプ候補機種を選定して頂く予定でしたが若干早くメールが届いたのでした。

それと言うのも私から別途コミュを見ていて気になったアンプの記事が出ていたのでそれの照会・確認をしたのでその回答の序に連絡頂いたモノと思います。

あ、その前に私からは現行機種で税込み100万円以下、重量・大きさは私が対応出来る範囲内と言うことで出来るだけ軽量・小さめが条件です(電圧はこの際問わず)とお伝えしてありました。

連絡頂いた機種は次の2機種

Ⅰ.JRDG MODEL 525

Ⅱ.HEGEL H20

でした。

それぞれの主な特徴と仕様は次の通り。

Ⅰ.JRDG MODEL 525

1.バランス設計

2.精密表面実装基板

3.テフロン被膜内部配線

4.入力トランスの採用

5.アクティブパワーファクターコレクション

6.高効率スイッチモードパワーサプライ

7.フロントパネルスタンドバイボタン(以上詳細は分かりません(爆))

仕様

1.出力 280wx2(8Ω)

2.重量 6.6kg

3.サイズ W 213XH 72xD 330mm

特徴:艶のある美音系の持ち味、力強さはサイズ以上の迫力あり。

Ⅱ.HEGEL H20

1.NEW FET TECHNOLOGY 

2.HEGEL NEXT GENERATION SOUND

3.DUAL TECHNOLOGY

4.SOUND ENGINE(以上詳細は分かりません)

リズミックなサウンド、より優れたディティール再現、よりスムーズでナチュラルなサウンド。

仕様

1.出力 200wx2(8Ω)

2.重量 25kg

3.サイズ W 430XH 140xD 370

特徴:ナチュラルサウンドの代表格、演奏された雰囲気そのままを出そうとする力がある。

と言うことのようです。

私からの照会機種は残念ながら取り扱いもないし、聴いたこともなく又担当のお客様の中にも所有者なしと言うことで判断出来ないと言うことでした(ある意味予測済みでしたが...)。

で、上記2機種のネット上の情報を見てみました。

そしてファイルウエブ・コミュでの所有者がいるかどうかも検索してみましたが何れもなし(これはいたとしても皆考え方・聴く環境が違うので飽く迄も意見のひとつとして捉える程度にする積りでしたが、それすらも空振りに終わりました)。

で、他のネット上の情報等も特に多い訳ではないので余り参考にならず。

と言うことで純粋に会社からの情報だけを見てみました。

Ⅰ.MODEL 525はサイズ等については私の希望事項を全てみなしています。

Ⅱ.H20は重量がやや重い、大きさも普通とチョッとマイナス点が先行した形です。

ただ1.はスイッチング電源なので軽く作れるが2.はトランス使用の電源なので相応に重いと言う訳です。

私はパワーについては従来通りのトランス使用の電源にやや拘りがあります。

ここが音の肝でありますので例えばLINNのように全てスイッチング電源にしたくはないのです。

言葉での表現は難しいのですが私が感じているのは音のコク・艶と言ったモノがどうもトランスの方が未だ上手く表現しているように感じられるのです(勿論全てに当て嵌まるかどうかは別です)。

スイッチング電源のパワーの音をそれ程聴いた訳ではありませんがどうも音が軽く感じられるのですね~(以前我が家でLINNのKLIMAXを聴きましたが音的にもDCアンプとそれ程の差は感じませんでした(深み、静粛性は違ったような気がしたが)。コストパフォーマンスと言うことでは全く勝負にならなかったです)。

音の抉り方も問題ないと思いますがもうひと捻りのグルーヴ感が欲しいのです。

そう私的にはあっさりし過ぎている嫌いがあるのです。

しつこ過ぎるのもなんですが常に淡白なのもどうかな~、なのです(爆)。

つまり私は美音系よりもナチュラル系(ソースの味をそのまま出すと言う意味で)の優先順位を上にしたいのです。

この辺の微妙な匙加減が極めて重要でH20がやや上位となりました。

と言うことで厚木店長さんにお伝えしたところH20の方が私の希望に合っていると言って下さいましたので最終的にUPHORIK導入時試聴して直ぐに判断出来ない場合は1週間程度お借りしてじっくり試聴の上決めたいと思います。

ファーストインプレッションで決められれば問題ないですが慌てる必要はないのでこの線で行きます。

導入はいつになるか分からないけれど目標が定まれば日々見る夢も楽しさ倍増と言うモノです(爆)。

| |

« 今日の富士山(1/29) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.29) »

オーディオ関連」カテゴリの記事

コメント

エンバーさん、今晩は。

我が家のSPはトールボーイの中型です。

真空管とトランジスタのW数は同じレベルでは判断出来ません。

W数だけで言えば一般的にはトランジスタの方が多く見ないと同じ出力にはならないでしょうね。

SPは部屋の容量等にも大きく関係して来ますので自分の考えに合ったモノを選んで楽しめば良いと思います。

私自身はSPを充分に歌わせることが出来ればベストだと思っています。

投稿: EVA | 2014年1月30日 (木) 18時17分

MKさん

写真掲載ありがとうございました。


EVAさん

確か、スピーカーは大型と記憶していましたが、真空管では、30Wでも、大型のスピーカーを駆動できるとういう話は良く聞きますが、DCアンプでも、こういうことはあるのですね。

私は、公称入力40Wのスピーカーに、240W+240W(4Ω時)のDCアンプで聞いています。(午前中)
EVAさんは、この逆ですか。

午後は、節電のため、2.5WのDCアンプで、25Wのスピーカーで聞いています。(^^;)

真空管アンプの対象として、トランジスタアンプをDCアンプとして使っていますが、正しいのでしょうか

投稿: エンバー | 2014年1月30日 (木) 16時47分

M.Kさん、今日は。

私自身開けてみたことがなかったので↑の写真のことはすっかり忘れていました。

昔はこう言う部品に物凄くコストを掛けて開発していたのですね。

勿論現在も良いモノはあるのでしょうがどちらかと言うと方向性が変わってきたと言うことでしょうか。

このアンプを通して出て来る音は決して懐古的な音ではなく極めて味のある所謂音楽性の高い音だと思っています。

重ね重ねご指摘ありがとうございます(フラグシップ機は長岡鉄男氏も愛用されていたのですね)。

投稿: EVA | 2014年1月30日 (木) 14時00分

EVAさん
ご丁寧なレス、ありがとうございます。
「私も初めて中身を見ました」ということですが、
導入当初に↓EVAさんが写真を揚げられていますね。(^^;
https://am-izu.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-5b78.html
(の一番下の写真)
このFETが採用された日立のフラッグシップはHMA-9500といいますが、
評論家の長岡鉄男さんが、MK2と合わせて、20年間リファレンスとしていたことでも知られています。
最後は壊れて、泣く泣く、別のアンプに切り換えられました。
せっかくいいもの(FET)ができても、必ずしも商売にはつながらず、
すたれてしまうものがあるのは残念ですね。

投稿: M.K | 2014年1月30日 (木) 13時44分

M.Kさん、おはようございます、そして初めまして。

アンプの中身が見える記事有難うございました。

私も初めて中身を見ました(汗)。

DCアンプマニアさんが言われるには筐体に似合わずトランスは奢って見たと仰っていたけれど立派なトランスですね、しかもこのトランス唸り音が聞こえない。

M.Kさんもご存じだと思いますが外部の横に左右2個づつ計4個取り付けられているのがMOS FETで30数年以上前に日立が開発して当時のフラグシップ機に採用されたと言う話でした。

近年ではゴールドムンドのアンプにも採用されたとか言う素子のようですね。

私はこの記事を見たのは初めてなのですが完成したのが我が家へ来る前の僅か2ヶ月前だったとは存じませんでした。

そんなに長く楽しまれた訳でもないモノをお貸し頂いたDCアンプマニアさんに改めて感謝・御礼申し上げます。

ホントに素晴らしいアンプです。

エンバーさんもどうぞご覧下さい。

投稿: EVA | 2014年1月30日 (木) 08時34分

EVAさん、エンバーさん、こんばんは。
いつも、こちらのブログを(DCアンプマニアさんのブログも)拝見しています。
話題に横から失礼します。

「写真もあったのですが、暗くて見えない」ということなのですが、
おそらく、完成時の写真↓が一番様子が分かるのではないかと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/dcampmania/51438255.html
上蓋が外されていますが。

では、横から、失礼しました。

投稿: M.K | 2014年1月29日 (水) 21時46分

エンバーさん、今晩は。

ご覧頂きましたか。

筐体が黒色なので写真撮っても何も分かりません(汗)。

主要なところにかつての有名で高評価のFETが使われていたりと単に金田式をなぞったモノではないのです。

たった30W程度の出力なのにそう言うことを全く感じさせないドライブ力を持っています。

PCの件は来月の中旬以降にでも手当しようかと思っていますがやり方等に付いて行けるのかが心配です。

数年に一度のことですし今はマニュアルそのモノがパソコンを立ち上げてからしか分からないとか、段々年寄り向けではなくなって来ました。

案内頂いた方法は何れも出来ません。

ただ表の内部の記載変更とか良く分かりませんがスペースの小さいモノだと反応する様です(これもいつまで可能かは分かりません...徐々に出来ない機能が増えて言っているようですから)。

後半月チョッと持ってくれればと思っています。

投稿: EVA | 2014年1月29日 (水) 18時36分

エンバーです。

事情わかりました。
それにしても、無期限貸し出しとはすごいですね。
その方を尊敬します。

過去記事見てきました。
どうもありがとうございました。
すららしいアンプのようですが、姿かたちが見えず、ちょっとピンときませんでした。
(リンク先に写真もあったのですが、暗くて見えない)

ところで、PCこわれかけで、コピーができないとのことですが、
下記、3つともだめですか。
1.CTRL + C
2.SHIFT + Insert
3.ドラッグしたあとに、右クリックでメニューを出し、コピー(C)をクリック

投稿: エンバー | 2014年1月29日 (水) 18時15分

エンバーさん、今日は。

コピー機能が使えなくなっていますのでレスを確認しながら書いています。

このアンプは彼の自作です。

で、安く譲って貰うと言うことは出来ません。

彼は手放したくないのです(期限なしで貸すことは良いのです)。

で、代替機が入手出来ても返却を受けて貰えるかも難しいのです。

それは返されることが寂しいからです(この辺の心理は当事者でないと分かり辛いかも知れませんね)。

要は気に入って貰って使い続けていて貰えるのが最上の喜びであり心の支えなのでしょうね。

そう言う彼を私は尊敬しています。

さて記事についてですが↑に書きましたようにコピーが出来ません(パソコンが今にも壊れそう、と言う感じでしょうか(汗))。

確認の方法は左欄に検索窓がありますのでそこでDCアンプと書き込んで検索して見て下さい。

関連の記事は沢山あります。

’11.4~5頃の記事です。

それでは宜しくお願いします。

投稿: EVA | 2014年1月29日 (水) 12時59分

エンバーです。

ひさしぶりのオーディオネタですね。

率直な疑問です。
今のDCアンプが良くて、だが返却せねばならないとなると、
同型のDCアンプの購入もしくは、DCアンプマニアさんから安く譲ってもらう
というのも、候補に挙がるとおもうのですが、ないですね。

ちなみにこのDCアンプの記載があるWEBアドレス教えていただけますか。
昔、読んだ気がします。

自作機でしたでしょうか。

投稿: エンバー | 2014年1月29日 (水) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の富士山(1/29) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.29) »