« 伊豆爺徘徊記(2.27) | トップページ | PACO DE LUCIA死去 »

2014年2月28日 (金)

CHRIS CONNORのアルバム

今日紹介するのはCHRIS CONNORです。アルバムはCHRIS CONNOR SINGS THE GEORGE GERSHWIN ALMANAC OF SONG(’57、’72)です。

これは全く見落としていたモノラル盤でした。2枚組です。

SIDE Ⅰ

1.SOMEBODY LOVES ME

2.FASCINATING RHYTHM

3.LITTLE JAZZBIRD

4.THAT CERTAIN FEELING

5.THE MAN I LOVE

6.LOOKING FOR A BOY

7.CLAP YO HANDS

8.’S WONDERFUL

SIDE Ⅱ

1.MY ONE AND ONLY

2.HOW LONG HAS THIS BEEN GOING ON 

3.LIZA

4.I’VE GOT A CRUSH ON YOU

5.STRIKE UP THE BAND

6.SOON

7.I GOT RHYHM

8.EMBRACEABLE YOU

SIDE Ⅲ

1.BLA BLA BLA

2.OF THEE I SING

3.LOVE IS SWEEPING THE COUNTRY

4.MEDELY FROM ”PORGY AND BESS”

5.I’VE GOT BEGINNER’S LUCK

6.A FOGGY DAY

SIDE Ⅳ

1.SLAP THAT BASS

2.THEY CAN’T TAKE THAT AWAY FROM ME

3.I CAN’T BE BOTHERED NOW

4.NICE WORK IF YOU CAN GET IT

5.LOVE IS HERE TO STAY

6.LOVE WALKED IN

7.I WAS DOING ALL RIGHT

8.FOR YOU、FOR ME、FOR EVERMORE

これはタイトル通りガーシュインの名曲に取り組んだクリス・コナーの意欲的傑作アルバムです。

彼女が29歳頃の歌唱は太くて良く通る声で素晴らしい、その上演奏もグッドと来ているので申し分なし。

このアルバムもステ・モノ表示がないので念の為ステレオで先ず再生してみたけれど最初の一発でモノラルだと判明。

そして徐にモノ専用プレーヤへ...。

再生音がこれだけ違うとやはり幾ら楽しめると言ってもモノラル盤はモノラル専用針で再生しないとその真価は分からない。

又この盤は殆んどノイズ等ない、極めて良好な盤です。

何年振りに聴くことになったのか私自身全然記憶がありません。

まぁ、良いモノが見付かって良かった、良かったです(爆)。

| |

« 伊豆爺徘徊記(2.27) | トップページ | PACO DE LUCIA死去 »

LP(モノ)あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(2.27) | トップページ | PACO DE LUCIA死去 »