« 伊豆爺徘徊記(2.25) | トップページ | 定位の考察 »

2014年2月26日 (水)

HELEN MERRILLのアルバム

今日紹介するのはHELEN MERRILLです。アルバムはHELEN MERRILL IN TOKYO(’63、’12再発)です。

これは彼女の2度目の来日時邦人メンバーと初めての日本製作アルバムです。

日本側のメンバーは猪俣猛 & ウエスト・ライナーズで

猪俣猛(ds)、鈴木重夫(as、cl)、原田忠幸(bs、bcl)、仲野彰(tp)、前田憲男(p、arr)、滝本達朗(b)、稲垣次郎(ts、fl)です。

1.SOMEDAY MY PRINCE WILL COME TO ME(いつか王子様が)

2.IT NEVER ENTERED MY MIND

3.BEWITCHED(魅惑されて)

4.YOU DO SOMETHING TO ME

5.TEACH ME TONIGHT

6.I’M FOOL TO WANT YOU

7.MY FAVORITE THINGS

8.GOOD MORNING HEARTACHE

9.I FEEL PRETTY 

10.YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO

これは良い。

彼女のヴォーカルは際立ち、まさにニューヨークの溜め息ならぬ東京の溜め息と言ったところでしょうか(爆)。

これとフォークのアルバムを一緒にしたCDも発売されていますが私はフォークの方はLPで持っているのとこの一緒のアルバムは結構な価格となっていましたのでダブって買う必要もないことからこれだけにしました。

で、↑に書いたようにとても良い出来です。

恐らくリマスターも丁寧にされているのでしょう。変な誇張感もなくヴォーカルはゾクッとする臨場感です。

これが50年以上前の作品ですから驚きです。

大分長い間候補には挙げていたのですが中々購入には至らなかったのですがこれ程時間を掛けて購入したモノが期待以上のモノと言うのも珍しいことです。

購入出来ていなければこの素晴らしさは分からず仕舞いなのでそれまでですが購入して改めてホッと胸を撫で下ろしました。それ位これは良い。

| |

« 伊豆爺徘徊記(2.25) | トップページ | 定位の考察 »

CD温故知新」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(2.25) | トップページ | 定位の考察 »