« 伊豆爺徘徊記(7.5) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.6) »

2014年7月 6日 (日)

CARMEN AMAYAのアルバム

今日紹介するのはCARMEN AMAYAです。アルバムはTHIS IS FLAMENCO(発売時期等不明)です。

これは2枚組で日本盤(オリジナルはデッカ)で見本盤でした。

状態もnmと極めて良いのは嬉しい限りです。

実際手に取ってみたら未使用ではないかと思う位綺麗です。

彼女はフラメンコのバイラオーラ(踊り手)でありカンタオーラ(歌い手)(1913~1963)でJOSE GRECOより5歳年長です。

1.COLOMBIANA FLAMENCA

2.TARANTA

3.RONDENA

4.FANDANGO DEL ALBAICIN

5.SEVILLANAS

1.RUMBA FLAMENCA

2.SOLEARRES

3.FANDANGOS

4.SAN MIGUEL DE LOS REYES

5.A LOS PIES DEL GRAN PODER

6.LA TANA

1.TU MAL NO TIE REMEDIO

2.RITMO DE CARMEN AMAYA

3.FANDANGOS DE HUELVA

4.GARROTIN

5.CUANDO PA CHILE ME VOY

1.FIESTA JEREZANA

2.JALEO CANASTERO

3.ALEGRIAS

4.ADELFA

5.VETE CON LOS TUYOS

帯に「フラメンコの女王アマーヤの芸術を集大成」とあるようにこれはすばらしいモノラルアルバムです。

データは全く分かりませんが盤面の状態と言い、内容を聴くとそんなことはどうでも良いとさえ思えてしまいます。

まさにこれはデッドストックで未使用状態のまま眠っていた盤でしょうね。これ以上状態の良いモノラル盤は持っていませんのでいつの再発かは気にしないことにします(爆)。

これで女性・男性のフラメンコのモノラル盤を所有することが出来ました。

内容的にはこちらの方がずっと良い。

彼女は歌も歌うし、伴奏の楽器も鮮度良く数十年タイムスリップして楽しめます。

そして

タップの突き抜け感はまさに圧巻、キレキレのサウンド、これぞフラメンコって言う感じです。

これが送料込¥3,000.-程度で入手出来たのだから思わず笑ってしまいました(勿論聴くまでは盤面は綺麗でも中身はノイズだらけなんて言うのもなくはないので...不安もありましたが)。

これは結果オーライでした。

これも新着案内を見て直ぐにゲットしたモノで同じ業者さんからこれで4連発です(汗)。

| |

« 伊豆爺徘徊記(7.5) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.6) »

LP(モノ)あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(7.5) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.6) »