« 伊豆爺徘徊記(9.22) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.23) »

2014年9月23日 (火)

HERBERT KEGELのアルバム

今日紹介するのはHERBERT KEGELです。アルバムはCARMEN(’67、’03)です。

1.SCHNELL HERBEIGESTUERMT WIE’S WETTER

2.JA、DIE LIEBE HAT BUNTE FLUEGEL

3. KOMMT ZU HULF?

4.DRAUBEN AM WALL VON SEVILLA/JETZT SCHWEIG

5.WAS IST ZIGEUNERS HOCHSTE LUST?

6.EUREN TOAST KANN ICH WOHL ERWIDERN

7.ICH HAB’ EIN GESCHAFT VORZUSCHLAGEN

8.HIER、AN DEM HERZEN TREU GEBORGEN

9.MISCHE!HEBE!WEISSAGEN WIR!/WENN DIR DIE KARTEN EINMAL BITTRES UNHEIL KUNDEN

10.HIER、IN DER FELSENSCHLUCHT

11.CARMEN、DARF ICH DIR RATEN?

これはたまたまカルメンの文字だけで購入しました(汗)。

古い録音ですがうまく調整しているようで古さは全く感じられません。

私みたいにこの種の音楽が素人にはリマスターで中身がどのように変わっ(ているか)たかなどとは何も詮索出来ませんのでこれで充分楽しめます(綺麗過ぎて線が細いのがデジタル処理の結果でしょうか)。

あれこれ穿り返したりせずに音楽が楽しめれば良い、と言うレベルですから...(爆)。   

| |

« 伊豆爺徘徊記(9.22) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.23) »

CD温故知新」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.22) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.23) »