« 伊豆爺徘徊記(9.10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.11) »

2014年9月11日 (木)

BOBBY HACKETTのアルバム

今日紹介するのはBOBBY HACKETT(tp)です。アルバムはCREOLE COOKIN’(’67、’93)です。日本盤の再発です。

’67年3月、5月録音 ボブ・ウィルバー編曲による大編成アンサンブルが伴奏。

印象的なスイング・ジャズで、ズートはソロイストとして参加(知っている人のみ書きますとPEPPER ADAMS(bs)、ZOOT SIMS、JOE FARRELL(ts)位です(汗)。

帯には日本初登場と書いてある。

1.HIGH SOCIETY

2.TIN ROOF BLUES

3.WHEN THE SAINTS GO MARCHING IN

4.BASIN STREET BLUES

5.FIDGETY FEET

1.ROYAL GARDEN BLUES

2.MUSKRAT RAMBLE

3.ORIGINAL DIXIELAND ONE STEP

4.NEW ORLEANS

5.LAZY MOOD

6.DO YOU KNOW WHAT IT MEANS TO MISS NEW ORLEANS

大編成だけあってスケールの大きい演奏が楽しめます。

デキシーランドからムード・ミュージックまで楽しいモダン・スウィングに仕上がっている。

状態はvg++/exと言うことでしたがこれもワンランク上ですね。

再発ですがこれだけスッキリ・キレの良いモノラル盤は少ないですね。これは大当たりでした。

ジャケの秀逸さが中身を(聴かずして)良く言い表しています。それ程に色・デザインとも優れていると思いました。

| |

« 伊豆爺徘徊記(9.10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.11) »

LP(モノ)あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.11) »