« 伊豆爺徘徊記(2.19) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(2.20) »

2015年2月20日 (金)

CHARLIE HADEN/PAT MATHENYのアルバム

今日紹介するのはCHARLIE HADEN(b)/PAT MATHENY(g)です。アルバムはBEYOND THE MISSOURI SKY(’97)です。

1998年度のグラミー賞“ジャズ・インストルメンタル部門賞“を受賞した、チャーリー・ヘイデンとパット・メセニーのコラボレイション・アルバム。

清涼としたパットの音色と重厚なヘイデンの組み合わせが創り出す不思議な爽快感がこの作品を品格のある作品に仕上げている。

80年代以降発売されたジャズ史上最高のデュオアルバムであり、パット、チャーリーの二人にとっても音楽生活上ひとつの頂点を記録した忘れがたい作品となった~ネット。

1.WALTZ FOR RUTH

2.OUR SPANISH LOVE SONG

3.MESSAGE TO A FRIEND

4.TWO FOR THE ROAD

5.FIRST SONG(FOR RUTH)

6.THE MOON IS A HARSH MISTRESS

7.THE PRECIOUS JEWEL

8.HE’S GONE AWAY

9.THE MOON SONG

10.TEARS OF RAIN 

11.CINEMA PARADISO(LOVE THEME)

12.CINEMA PARADISO(MAIN THEME)

13.SPIRITUAL

こんな素晴らしい作品があったのに知らなかった。

今頻りにCHARLIE HADENのアルバムを買っているように思うけれど要は今まで知らなさ過ぎたってことですね。

重厚で二人の呼吸もぶれなくまさに阿吽の呼吸で紡ぎ合う演奏です。

楽器そのものが地味なモノの合体ですがホンと不思議な爽快感が感じられます。

彼のアルバムでは同じようにギターとのデュオが他(with JIM HALL(’90))にもありますが私はこちらの方が好きですね。

いやぁ~、それにしても渋くて実に良いです。

又宝物が増えました。

| |

« 伊豆爺徘徊記(2.19) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(2.20) »

お気に入り(CD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(2.19) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(2.20) »