« 伊豆爺徘徊記(3.13) | トップページ | 新DAC(新潟精密FN1242A搭載)試聴1週間経過 »

2015年3月14日 (土)

鼓童のアルバム

今日紹介するのは鼓童です。アルバムはHEARTBEAT DRUMMERS OF JAPAN(’85)です。

これはSHEFFIELD LABのDIRECT FROM THE MASTERSと言われるシリーズです。

CDが初めて発売されたのは’82ですからこの盤はかなり早い時期のモノですが未だ立派に再生出来ます(CDは寿命が短いと言われていたけれどどの程度持つのでしょうか)。

1.MIYAKE

2.O-DAIKO

3.MONOCHROME

4.CHONLIMA

5.HAE

タイトルはJAPANが入っていますがモノはオリジナル米盤です。

これは今順次CDを聴き直していて持っているのに気が付いたモノです。

録音レベルが低いので聴感上聴き易くする為に安易に上げるとこのソフトそのモノのダイナミックレンジが大きいので少々危険です。

で全曲に渡って一度通常のレベルで聴いてみて再度今度は最初から上げて聴いてみました(通常レベルより5ポイント上)。

当然上げた方が各楽器の量感もチャンと伝わって来るので聴いていて楽しい。

大太鼓の響きなどはまさに皮が震える感じが良く分かります。

こんな音源があったのはラッキーです。

|

« 伊豆爺徘徊記(3.13) | トップページ | 新DAC(新潟精密FN1242A搭載)試聴1週間経過 »

CDソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.13) | トップページ | 新DAC(新潟精密FN1242A搭載)試聴1週間経過 »