« 伊豆爺徘徊記(3.26) | トップページ | 我が体の例年の冬との違い »

2015年3月27日 (金)

BJORKのアルバム

今日紹介するのはBJORKです。アルバムはVULNICURA(’15)です。

これは4年振り、8枚目の作品でビョーク史上最もエモーショナルでパーソナルな作品だそうです~ネット。

1.STONEMILKER

2.LIONSONG

3.HISTORY OF TOUCHES

4.BLACK LAKE

5.FAMILY

6.NOTGET

7.ATOM DANCE

8.MOUTH MANTRA

9.QUICKSAND

私が彼女のアルバムを初めて聴いたのは村田さんに同道して長野にルームチューンに伺った時でした。

何件目かのお宅で初めて聴きました、とても衝撃的なサウンドでした(汗)。

その同じモノを買って聴いて見ましたがそのお宅で聴いた雰囲気とは比べ物になりませんでした(汗)。

早いモノであれから何年経ったのでしょうか(記憶が定かではないけれど12~3年は経っていると思います)。

村田さんが東京在住時代です。

その後2~3枚買って聴きましたが何れも難解でした(汗)。

この度DACも新調したので改めて挑戦してみようと思った次第です。

結果は如何に...。

BJORK節は当然相変わらず難解ですが、何故か壮大なスケール感と彼女独特の体全体で音楽表現する様が見えるようです。

良く分からないけれど癖になるような不思議な音楽です。

これはきっと音力のあるDAC(FN1242A)での再生が功を奏しているのだと思います。

| |

« 伊豆爺徘徊記(3.26) | トップページ | 我が体の例年の冬との違い »

CDあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.26) | トップページ | 我が体の例年の冬との違い »