« MILES DAVISのアルバム | トップページ | 竹取物語2(’15.4.30) »

2015年4月30日 (木)

癌の元になる10食品

今朝(4/30)のニュースで見ました。怖いですね~。

~~~~~~~~~~~

驚くなかれ!あなたが毎日、当たり前のように摂っているこの10食品が癌のもとに!!

1.植物油

癌に関連のある遺伝子変異を引き起こしたり、細胞膜の構造や柔軟性に影響を与える可能性があるのでできるだけ植物油は避け、オリーブオイルを選ぶようにしましょう。

また、できるだけ硬化油を含む加工食品は避けましょう。

2.フルーツ

フルーツに浴びせられている農薬や高窒素肥料は、害虫だけでなく人間にも有毒なのです。

手軽に買える安いフルーツではなく、オーガニックのものを選ぶようにしましょう。

3.加工肉

時間を置いてもピンク色を保った加工肉、これは肉の自然な色ではありません。

癌に関連する化学物質や防腐剤によるものなのです。

4.養殖鮭

アメリカで食べられている鮭の60%が養殖のものであり、化学物質や農薬まみれであると報告されています。

5.精白小麦粉

高度技術で漂白処理された小麦粉は癌の危険性大です。

全粒小麦粉を選びましょう。

6.缶詰食品

缶の内側には、非常に危険なものとみなされたBPAと呼ばれる化学物質が含まれています。

最近の研究では、それが実際にがんの主な原因(遺伝子変異)の一つである遺伝子に、影響を与える可能性があることが分かっています。

7.電子レンジポップコーン

電子レンジで作るポップコーンをレンジに入れているとき、膨らんでくるあのバッグ…PFOAと呼ばれる危険な化学物質を含んでいます。

8.精製された砂糖高果糖コーンシロップは特に要注意です。

9.ポテトチップス

ポテトチップスを製造する過程で、ポテトを高温で揚げるときに、アクリルアミドと呼ばれる化学物質が生じることになります。

癌を引き起こす物質として知られているものです。

10.色のついたスイ―ツ

人口甘味料やアスパルテームは、体内で分解されるとき、DKPとして知られている致命的な毒素を生み出すことが分かっています。

そうは言ってもいちいち食品をチェックしながらと言うのは中々出来ません、どうすりゃいいの、ってことですね。

特に子供さんがおられるご家庭では先が長いので気を付けて上げて下さい(私のような老人は先がないので余り気にせず食事をします(汗))。

| |

« MILES DAVISのアルバム | トップページ | 竹取物語2(’15.4.30) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MILES DAVISのアルバム | トップページ | 竹取物語2(’15.4.30) »