« 伊豆爺徘徊記(6.8) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(6.9) »

2015年6月 9日 (火)

BRANFORD MARSALISのアルバム

今日紹介するのはBRANFORD MARSALISです。アルバムはCOLTRANE’S A LOVE SUPREME LIVE IN AMSTERDAM(’04、’15)です。

これはブランフォード・マルサリス『至上の愛 ライヴ・イン・アムステルダム』(’04)のリイシュー。

現在のジャズ・シーンにおいてトップ・サックス・プレイヤーの一人、ブランフォード・マルサリスが2003年にアムステルダムで行った伝説のライブ『至上の愛 ライヴ・イン・アムステルダム』(2004年初商品化)。

ジョン・コルトレーンの名盤『至上の愛』をブランフォード・マルサリス・カルテットで再演するという試みで、話題を集めた。

ジョン・コルトレーンが『至上の愛』をリリースして50年に当たる今年、この伝説のライヴをリイシュー~ネット。

メンバーはBRANFORD MARSALIS(sx)、JOEY CALDERAZZO(p)、ERIC REVIS(b)、FEFF ”TAIN”WATTS(ds)です。

1.A LOVE SUPREME PT1:ACKNOWLEDGEMENT

2.A LOVE SUPREME PT2:RESOLUTION   

3.A LOVE SUPREME PT3:PURSUANCE

4.A LOVE SUPREME PT4:PSALM 

これは(再発だけれど)ノリノリの演奏で良いですね~。

最近 ブランフォード・マルサリスのアルバム結構買っているけれどホンと実に良い。

昔は弟(ウイントン)ばかりだったけれど...(汗)。

そもそもジョン・コルトレーンに関してはそれほど持っていないので関連の何を聴いても新鮮です(汗)。

それにしても今年は『至上の愛』をリリースして50年に当たると言うことですがそんなに前のアルバムだったのですね(爆)。

全く古さを感じさせませんね。

| |

« 伊豆爺徘徊記(6.8) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(6.9) »

お気に入り(CD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(6.8) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(6.9) »