« 伊豆爺徘徊記(10.9) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.10) »

2015年10月10日 (土)

CAETANO VELOSOのアルバム

今日紹介するのはCAETANO VELOSOです。アルバムはLIVRO(’97)です。

聴き直ししていて見付けました。

1.OS PASSISTAS

2.LIVROS

3.ONDE O RIO E MAIS BAIANO

4.MANHATA

5.DOIDECA

6.VOCE E MINHA

7.UM TOM

8.HOW BEAUTIFUL COULD A BEING BE

9.O NAVIO NEGREIRO

10.NAO ENCHE

11.MINHA VOZ、MINHA VIDA

12.ALEXANDRE

13.NA BAIXA DO SAPATEIRO

14.PRA NINGUEM

これは私自身リストにも書いていなかったほど忘れていたアルバムでした。

で、聴いて見たらとても良いのですね~。

彼のアルバムは4枚しか持っていませんが改めて聴いた評価ではこれが一番良いような気がします。

カエターノの歌声が琴線に沁み入ります。ポルトガル語がこんなにも美しい言語であったのかと驚いてしまう。

潤いと温かさと懐の深さを感じとても癒されます。

素晴らしい!!。

| |

« 伊豆爺徘徊記(10.9) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.10) »

お気に入り(CD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(10.9) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.10) »