« 伊豆爺徘徊記(12.18) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.19) »

2015年12月19日 (土)

J.R.MONTEROSEのアルバム

今日紹介するのはJ.R.MONTEROSEです。アルバムはSTRAIGHT AHEAD(’59、’75 米盤)です。

スウェーデンから届きました。

メンバーはJ.R.MONTEROSE(ts)、TOMMY FLANAGAN(p)、JIMMY GARRISON(b)、PETE LA ROCA(ds)です。

状態はvg+/exです。

1.STRAIGHT AHEAD

2.VIOLETS FOR YOUR FURS

3.CHAFIC

4.I REMEMBER CLIFFORD

1.GREEN STREET SCENE

2.YOU KNOW THAT

3.SHORT BRIDGE

一聴して気が付いたことが...、何だか以前聴いたことがあるのです。

で、調べてみたら2年ほど前に入手したTHE MESSAGEの再発盤と同じ内容でした(汗)。

つぶさにチェックしたら収録曲は同じですが収録順が違っています(意図的かどうかは分かりません)。

同じ音源なのに発売レーベルがそもそも違うのですね(汗)。

そして今回取り上げたXANADU盤は(確証はありませんが)オリジナルではないかな、と。

所有のTHE MESSAGE(JARO盤)は米盤再発です。

ただJARO盤がオリジナルだとするとXANADU盤は再発と言う位置付け(レーベルが変わっただけ)でしょうね(これと似た例はBEN WEBSTERのKING OF THE TENORの例がある)。

JARO盤のオリジナルは聞いた話だと盤質が柔らかいとか...。

そして録音年と発売年が(何かの都合で)大きくずれているケースは後年でも結構多く見られます。

まぁ、オリジナルかどうかは別にどちらでも構いませんが聴いた限りでは普通の再発盤のような音の硬さは感じられません(盤質はexではなくex+でも良い位の状態です)。

しなやかでかつモノラル独特の太いエナジー満載の音がぶっ飛んで来てとても楽しめます(爆)。

彼のLPアルバムはこれで3枚目ですが状態からすればこれが最上ではないかな。

驚くのは価格です、あっと驚く為五郎の下振れバージョンで本体価格より送料の方が高かったのです(汗)。

兎に角、良い盤が安く手に入って良かった、良かった(爆)。

そうそうJ.R.MONTEROSEのJ.R.は単にジュニアのことだそうです。

| |

« 伊豆爺徘徊記(12.18) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.19) »

LP(モノ)あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12.18) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.19) »