« 伊豆爺徘徊記(3.12) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.13) »

2016年3月13日 (日)

ART PEPPERのアルバム

今日紹介するのはART PEPPERです。アルバムはMEETS THE RHYTHM SECTION(’57、’88)です。

CD自体持っていることを忘れていました。

~丁度1年位前に長年探し回っていたモノラル盤オリジナルを見付け入手しました。~

メンバーはART PEPPER(as)、RED GARLAND(p)、PAUL CHAMBERS(b)、PHILLY JOE JONES(ds)です。

1.YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO

2.RED PEPPER BLUES

3.IMAGINATION

4.WALTZ ME BLUES

5.STRAIGHT LIFE

6.JAZZ ME BLUES

7.TIN TIN DEO

8.STAR EYES

9.BIRK’S WORKS 

ステレオではasが左に位置しリズムセクションのds、b、pは右と言った具合(無理やり左右に分離させた?)で中抜け状態です。

モノラルでは中央に寄っていますが分離の仕方は↑のステレオ盤と違って左右ではなく前後に定位するような感じで音場の奥行きが感じられます(両方あるので続けて聴くと実に良く分かります、言い方を変えるとステレオ盤の意図的な中抜け状態は頂けませんがそれ以外はとても良いです(その他はシステムの違いもあるので両方とも充分楽しめます)。

LPはモノラルの他に通常のステレオ盤と100%ピュア盤を持っています。

何れにしても再発は早い時期の方が良いと言うことも100%ピュア盤を買って良く分かった。

と言う意味ではこのCDも先ず先ずですね。

| |

« 伊豆爺徘徊記(3.12) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.13) »

CD温故知新」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.12) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.13) »