« 伊豆爺徘徊記(7.28) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.29) »

2016年7月29日 (金)

STAN GETZのアルバム

今日紹介するのはSTAN GETZです。アルバムはAT THE OPERA HOUSE(’57)です。

日本盤の再発(’86)は持っていたのですがこの度念願叶って漸くモノラル盤ゲット出来ました。

状態はEX / VG+です。・・・現物は2ランク上位良いです。

1.BILLIE’S BOUNCE

2.MY FUNNY VALENTINE

1.CRAZY RHYTHM

2.YESTERDAYS

3.IT NEVER ENTERED MY MIND

4.BLUES IN THE CLOSET

流石オリジナル、ホンとSTAN GETZとJ.J.JOHNSONの掛け合いは見事!!

熱い演奏で目の前で丁々発止とやりあっている様が彷彿とします。

これが約60年前の演奏なのか、と思う位鮮度抜群です。

思い掛けないモノが入手出来た喜びで一杯です。

たまたま手持ち再発も直ぐ見付かったので聴き比べをしてみた。

先ず盤の厚みが違う(これは当然)。

音はオリジナルが重厚で野太く再発は矢張り音痩せして線が細く質感が軽い。

まぁ、ステレオ音に慣れている人には再発でも良いかも...。

我が家程度のシステム・環境であればどちらでも充分楽しめることが分かっただけ良かった(要は比較しなければ分からない位のレベルと思料)。

なおジャケの色味も全然違いオリジナルは黄色が勝っており、再発は橙色が勝っている、そんな感じです。

と言うことでオリジナルが見付からない・あっても高価な場合は早い時期の再発狙いを引続きすることにする。

因みにこの盤は送料込¥4,000円台でしたのでお買い得でした。

| |

« 伊豆爺徘徊記(7.28) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.29) »

LP(モノ)あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(7.28) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.29) »