« 伊豆爺徘徊記(3.6) | トップページ | 東電による庭木伐採の件(3/6) »

2017年3月 7日 (火)

PEPPER ADAMSのアルバム

今日紹介するのはPEPPER ADAMSです。アルバムは10 TO 4 AT THE 5 SPOT(’58)です。

メンバーはPEPPER ADAMS(bs)、DONALD BYRD(tp)、BOBBY TIMONS(p)、DOUG WATKINS(b)、ELVIN JONES(ds)です。

これは米盤オリジナルモノラルです。

状態は NM (?) : NM (?) です。

本盤は私にとって彼の初めてのオリジナルモノラル盤でもあります(ステレオ盤のオリジナルは別アルバムで持っています)。

このアルバム購入の切っ掛けになったのはCDの入手でした。

ただCDはステレオ盤でしたので悪名高き中抜け録音です。

と言うことでこの度モノラル盤をゲットした次第です。

ペッパー・アダムス名義のアルバムですが、実質的にはドナルド・バードとの双頭クインテットのアルバムです。

ファイブ・スポットのピアノですが、調律が狂っている、とのことでした(汗)~ネット。

1.’TIS

2.YOU’RE MY THRILL

3.THE LONG TWO/FOUR

1.HASTINGS STREET BOUNCE

2.YOURNA

矢張り本物は良いですね。

ゴリゴリとした音色は不変ですがひと味もふた味も違います。

中央充填で炸裂するbsとtpは気持ち良い位に吹き合っています。

勿論、dsも負けていません。

息の合った演奏を聴かせてくれます。

状態は抜群に良いのでホンと約60年前の録音とはとても思えませんネ。

良いモノが入手出来ました(この鑑賞前に実施したことが更に効果覿面でした)。

|

« 伊豆爺徘徊記(3.6) | トップページ | 東電による庭木伐採の件(3/6) »

お気に入り(モノラルLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.6) | トップページ | 東電による庭木伐採の件(3/6) »