« 伊豆爺徘徊記(3.10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.11) »

2017年3月11日 (土)

THE GREAT JAZZ TRIOのアルバム

今日紹介するのはTHE GREAT JAZZ TRIOです。 アルバムはCOLLABORATION(’04)です。

エルヴィンの最晩年の演奏です。

メンバーはHANK JONES(p)、RICHARD DAVIS(b)、ELVIN JONES(ds)です。

1.RHYTHM-A-NING

2.SUMMERTIME

3.SATIN DOLL

4.BLUE BOSSA

5.LONG AGO AND FAR AWAY

6.THE  SHADOW OF YOUR SMILE

7.AUTUMN LEAVES

8.MY FUNNY VALENTINE

9.MOOSE THE MOOCHE

10.MEMORIES OF YOU(ハンク・ジョーンズ・ソロ・ピアノ)

2004年5月、エルヴィン・ジョーンズが永眠した。享年76。

本作は、グレイト・ジャズ・トリオのドラマーだったエルヴィンへの哀悼盤である。

これを聴く限り、彼は元気だ。たとえば収録曲「枯葉」のドラム・ソロを聴くと、ナマで聴いたら興奮してしまうと思うくらい、颯爽とエネルギッシュに叩いている。

これは亡くなる2年前の、トリオのラスト・レコーディングの未発表テイク集。

こうやって晩年の素晴らしい演奏が日の目を見たことは喜びたい。それにしても兄であるハンクの何とも溌剌としたピアノ演奏~ネット。

ソフトと言う媒体を通じなくては絶対味わうことが出来ないこう言う素晴らしい演奏を残してくれたことに対し感謝の気持ちで一杯です。

私もハンク兄弟、取り分けエルヴィンに関しては今でもホンと所有アルバムは少ないので後悔の念で一杯です。

ダイナミックな演奏をもっと聴いてみたい、これが本音です。

|

« 伊豆爺徘徊記(3.10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.11) »

お気に入り(CD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.11) »