« 伊豆爺徘徊記(4.6) | トップページ | THE PEPPER-KNEPPER QUINTETのアルバム »

2017年4月 7日 (金)

BILL EVANSのアルバム

今日紹介するのはBILL EVANSです。アルバムはON A MONDAY EVENING(’76、’17)です。

メンバーはBILL EVANS(p)、EDDIE GOMEZ(b)、ELIOT ZIGMEND(ds)です。

発売後1週間で到着しました。

1.SUGAR PLUM

2.UP WITH THE LARK

3.TIME REMEMBERED

4.T.T.T.(TWELVE TONE TUNE)

1.SOMEDAY MY PRINCE WILL COME

2.MINHA(ALL MINE) 

3.ALL OF YOU

4.SOME OTHER TIME 

★奇跡の発掘!ビル・エヴァンスの完全未発表コンサート音源が、40年の時を経て届けられる!

■1976年11月25日(月)にウィスコンシン大学マジソン校のユニオン・シアターで行われたライヴ録音。

ベーシスト、エディ・ゴメス、そしてドラムスにはエリオット・ジグムンド。

このトリオでの活動はわずか約2年ほどでライヴ盤はオフィシャル・レコーディングとしては初。

■海賊盤でも流通していないこのコンサートの録音をアシストしていたのが、当時22歳だったラリー・ゴールドバーグ(ボストンの公営ラジオWGBHで活躍)とジェイムス・ファーバー(マイケル・ブレッカーやブラッド・メルドーをはじめ多くの作品に携わるNYのレコーディング・エンジニア)ということでサウンド・クオリティにも問題ない模様で、約48分収録~ネット。

40年間も眠っていた発掘音源です。

先ずびっくりしたのが意外と鮮度が良いこと(長いこと寝ていたので起き抜けで寝惚けているかと思った、てな訳はないか)。

ピアノが主役なので前面に出て引っ張っている反面やや他の二人の演奏が霞んでいるかも(まぁ、これは程度問題か)。

ライブ感はあり、楽しめるアルバムです。

ただやはり塩漬け期間が長かったのでテープの状態も悪くなっていると思われ、他のオリジナルや初期の再発盤に比べると迫真性の面でやや劣る。

まぁ、珍しいアルバムが入手出来た、と言うことにしておきます。

|

« 伊豆爺徘徊記(4.6) | トップページ | THE PEPPER-KNEPPER QUINTETのアルバム »

お気に入り(モノラルLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(4.6) | トップページ | THE PEPPER-KNEPPER QUINTETのアルバム »