« 伊豆爺徘徊記(4.26) | トップページ | 東大話法とは何じゃらほい »

2017年4月27日 (木)

TORD GUSTAVSENのアルバム

今日紹介するのはTORD GUSTAVSENです。アルバムはWELL(’12)です。

メンバーはTORD GUSTAVSEN(p)、TORE BRUNBORG(ts)、MATS EILERTSEN(db)、JARLE VESPESTAD(ds)です。

1.PRELUDE

2.PLAYING

3.SUITE

4.COMMUNION

5.CIRCLING

6.GLASGOW INTRO

7.ON EVERY CORNER

8.THE WELL

9.COMMUNION、VAR.

10.INTUITION

11.INSIDE

素晴らしいジャズだ。

トーンポリシーとしては静謐感を湛えながら聴くモノを魅了する演奏だ。

流石ECMと思わせる得も言われぬ不思議な感覚を味合わせてくれる。

特別激しい訳ではないのに聴いていて心が体が躍動する。

カルテットのメンバーそれぞれが実に良い仕事をしている。全体として融合していながら各自の持ち味が良く発揮されているように思う。

|

« 伊豆爺徘徊記(4.26) | トップページ | 東大話法とは何じゃらほい »

お気に入り(CD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(4.26) | トップページ | 東大話法とは何じゃらほい »