« 伊豆爺徘徊記(11.24) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.25) »

2017年11月25日 (土)

JAMES CARTERのアルバム

今日紹介するのはJAMES CARTERです。アルバムはJC ON THE SET(’94)です。

これはデビューアルバムです。

1.JC ON THE SET

2.BABY GIRL BLUES

3.WORRIED AND BLUE

4.BLUES FOR A NOMADIC PRINCESS

5.CARAVAN

6.HOUR OF PARTING

7.LUNATIC

8.SOPHISTICATED LADY

これは期待通りのサウンドでした。

と言うのもセカンドの「JURASSIC CLASSICS」を持っているので若い時の同じ方向性の荒削りなサックスが聴きたいと思っていたからです。

彼のアルバムはその後の分は5枚持っていますが↑を含め’94の2枚がやはり良いですね~。

感覚としては2枚目の「JURASSIC CLASSICS」に比べるとデビュー盤の方がスッキリはしている。

つまり「JURASSIC CLASSICS」の方が更に暴力的なサウンドかも知れない。

でも程度に差はあれど私は彼のこう言う演奏が好きです。

中古ですが演奏に全く問題はないので良かったです。

|

« 伊豆爺徘徊記(11.24) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.25) »

お気に入り(CD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(11.24) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.25) »