« 伊豆爺徘徊記(6.20) | トップページ | 終活の一環 »

2018年6月21日 (木)

CHIARA PANCALDIのアルバム

今日紹介するのはCHIARA PANCALDIです。アルバムはWHAT IS THERE TO SAY (’17)です。

メンバーはCHIARA PANCALDI(vo)、KIRK LIGHTSEY(p)、DARRY HALL(db)です。他ゲストあり。

ジャズオーディオ・ディスク大賞2015でヴォーカル部門金賞を受賞したイタリアの歌姫!。

最新アルバムは、カーク・ライトシー&ダリル・ホールとのドラムレス・トリオです!。

これはキアラ・パンカルディのサード・アルバムです~ネット。

1.EVERYTHING I LOVE  

2.BLACK IS THE COLOR OF MY TRUE LOVE’S HAIR

3.BORN TO BE BLUE

4.WHAT IS THERE TO SAY

5.I DON’T MIND

6.A TIMELESS PLACE  

7.REVERSE THE CHARGES

8.MEDLEY-WHEN YOU’RE SMILING-ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET

9.LOVE GAME 

11.SINCE I FELL FOR YOU

スタンダードを歌っています。

バックの力強いサポートに負けない位の実に堂々とした明瞭な歌声に圧倒されます。

私自身初めて聴く歌姫ですがとても良いですね~。

アンテナに引っ掛からなかったのは調査不足と言う(私自身の)未熟さが成せる業ですね(汗)。

とても良いアルバムです。

|

« 伊豆爺徘徊記(6.20) | トップページ | 終活の一環 »

お気に入り(CD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(6.20) | トップページ | 終活の一環 »