« 伊豆爺徘徊記(8.31) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.1) »

2019年9月 1日 (日)

BEN WEBSTERのアルバム

BEN WEBSTERのTHE CONSUMMATE ARTISTRY(NORGRAN ’53録音)のオリジナルモノラル盤で状態は ex/exです。シリアルNOはMGNー1001です。

メンバーはBEN WEBSTER(ts)、HARRY EDISON(tp)、BENNY CARTER(as)、OSCAR PETERSON(p)、HERB ELLIS(g)、RAY BROWN(b)、ALVIN STOLLER(ds)、BARNEY KESSEL(g)、J.C.HEARD(ds)です。

1.TENDERLY

2.JIVE AT SIX

3.DON’T GET AROUND MUCH ANY MORE

4.THAT’S ALL

1.BOUNCE BLUES

2.PENNIES FROM HEAVEN

3.COTTONTAIL

4.DANNY BOY

これは所有のKING OF THE TENORSと全く同じ内容ですが内容はまさにオリジナルの面目躍如と言った盤です。

NORMAN GRANZは’51MERCURYを離れて「CLEF」レーベルを興し、次いで「NORGRAN」レーベルを経て、「VERVE」へと推移する

シリアルNOがこれはMGNー1001(NORGRAN=イエローラベル)に対しKING OF THE TENORSはMGV-8020(VERVE=ブラックラベル)です。

「KING OF THE TENORS」は新たに起こしたレーベルで同じ音源を使用した謂わば再発と言うことでしょうか。

聴いて見て分かったのは矢張り鮮度・音のふくよかさが違うのですね~。

少しの製品化時期の違いでも違いは明瞭と言うことですね。

たまたまこう言う貴重な盤が2枚手に入って聴き比べが出来たから分かっただけなのでどちらか1枚あれば充分と言うことにしておきましょう(ただジャケットは背・底ともに割れていてとても exとは言えない状態でした(汗)。

|

« 伊豆爺徘徊記(8.31) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.1) »

お気に入り(モノラルLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(8.31) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.1) »