« 伊豆爺徘徊記(5.9) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(5.10) »

2020年5月10日 (日)

寺久保エレナのアルバム

今日紹介するのは寺久保エレナです。アルバムはABSOLUTELY LIVE!(’20)です。

これは45回転盤の2枚組です。

NYを拠点にアメリカと日本を行き来して脚光を浴び、今やトップ女性アルトサックス奏者の一人となった“寺久保エレナ”の初ライヴ・レコーディング・アルバム。

2019年に発売されたCDに続き、早くもその注目アルバムが高音質45回転盤で登場!

2018年発売のアルバム『LITTLE GIRL POWER』で共演した最強のレギュラー・メンバーによる2019年1月14日、「新宿PIT INN」での白熱ライヴを収録。

スタジオ録音にも勝るとも劣らない強力メンバー4人によるテンション高い怒涛の演奏、インプロビゼーション、極上のグルーヴを聴くことができる。

収録曲は寺久保のオリジナルが3曲、ジャズメンオリジナルやスタンダード曲を含んだ全8曲。

すべてのトラックでスタジオ録音アルバム同様にバンドとしてタイトにまとまった4人の演奏が印象的である。

LP化にあたってはアナログレコード最盛期にドイツ、ノイマン社で製造されたカッティングマシン「VMS70」を使用。

カッティングはキング関口台スタジオにて。

45回転盤仕様でライブ感、ホール感、満員の観客とのやりとりも生々しくとらえられた注目の高音質LPです~ネット。

1.BIRD LIVES(Jackie Mclean) 

2.LITTLE GIRL POWER(Erena Terakubo) 

1.BUD POWELL (Chick Corea) 

2.A CRYSTAL PATH(Erena Terakubo) 

1.SHAW’NUFF (Charles Parker jr, Dizzy Gillespie) 

2.SKYLARK(Johnny Mercer, Hoagy Carmichael)



1.FIESTA ESPAGNOL(Cedar Walton) 

2.BE NICE(Erena Terakubo)

これは素晴らしい!!。

たまたまHMVの案内で見たのですが彼女はCDを1枚持っていたので様子は分かっていました。

今回は45回転盤のLPでしかもライヴと言うことなので是非聴いてみたいと言う気持ちが強くなって高価な盤ですがゲットした次第です。

サックスの切れ・咆哮度合いも申し分ありません。

黙って聴かされたら女性が吹いているなんて絶対分からないでしょう。

それ位ぶっといサウンドです。

私は既に女性サックス奏者のLPを何枚か持っていますが特に彼女は良いと思いました。

本LPは45回転も相俟って素晴らしいアルバムに仕上がっています。

買って大正解でした(なお30%クーポンもゲット出来たので結局割安で入手出来ました)。

| |

« 伊豆爺徘徊記(5.9) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(5.10) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(5.9) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(5.10) »