« PATRICIA BARBERのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(5.7) »

2020年5月 7日 (木)

アベノミクスからアベノマスクへ...戯言

結論から言いますと表題(アベノミクスからアベノマスクへ)は更にアベノリスクへと続きます。

世界中見渡してもまた過去を学んでも同じ人物が長くトップにいると色々弊害が出て失敗しているのは世の常であり我々の良く知るところです。

これは何も政治の世界だけではなく色々な業態全てに言えます。

長く居座り続けることでNO.2以下とも年齢差は勿論経験の差も大きくなり下からは何も言えなくなる空気が自然に醸成されてしまいます。

これが一番困ったことです。

表題は現政権のことですがそもそも彼が2度目の政権に就いたこと自体に問題があったのです。

頭は固いし判断は鈍いはで国民は振り回されて右往左往しています。

でそれ以上に彼の話方は至って滑稽です。

政治家にあるまじきレベルで話の仕方が下手です。

話を区切る位置が滅茶苦茶で何を言っているのか良く分からない。

しかも最近は新型コロナも相俟ってか顔が皴皴で弛んでいる(ブルドックみたいな顔付だ)。

精悍さが微塵も感じられません・・・相当お疲れのようだ。

そろそろ退陣されゆっくりと自宅で犬と戯れのんびりされたら如何かなと思う次第です。

さて問題はここからです。

と言って代わりに彼らの意向で思うように政権を操られてはもっと困ります(傀儡政権)。

ですからここは一番彼らに煙たがられている人になって貰いたいモノです(誰かって、...、あの人でしょう)。

勿論これもやってみなければ評価は出来ませんが彼らに出来ることであれば誰でも出来ると思われるのでそれ以上に少しでも良くなれば儲けモノと言った程度で高望みはしません。

これらは全て野党が不甲斐ない為ですがこれも今の状況が改善されない限りでは野党にはまるで期待出来ません。

ホンと困った日本になってしまったと思います。

もう少し国民の代表であるならばそれに相応しい仕事をして貰いたいモノです。

言っておきますが金儲けの為に政治家になっている人は考え違いも甚だしいので即刻辞めて貰いたい!!。

最後に安倍総理が任命した大臣が失言等の原因で辞任された方は多いですがその時に決まって言われるセリフは「その責めは任命責任者の私にあります」です。

でもこれは私の知る限りどんな責任を取ったかはまるで存じません(言葉だけで終わらせているとしか思えません・・・国民を馬鹿にするのではない)。

更に今の状況下でも女房の行動すらコントロール出来ないダメリーダーには到底国は任せられません(これがアベノリスクです・・・ダメだこりゃ)。

加えて言うならば学校問題・検察人事の私物化等々彼の周辺には常に胡散臭い匂いがプンプンして来た・・・清廉潔白と言う位置から一番遠い位置にある。

以上新型コロナを機に(雨降って地固まるの例え通り)少しでも良い日本になってくれることを願う一年金受給者の戯言でした。

ジャンジャン!!(お終い)。

| |

« PATRICIA BARBERのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(5.7) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PATRICIA BARBERのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(5.7) »