« 伊豆爺徘徊記(7.8) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.9) »

2020年7月 9日 (木)

CURTIS STIGERSのアルバム

今日紹介するのはCURTIS STIGERSです。アルバムはGENTLEMAN(’20)です。

レコーディング・キャリア28年のシンガー/ソングライター/サックス奏者、カーティス・スティガースの最新作。

長年コラボレートしてきたLarry GoldingsとDavid Poeとの共作を中心に、Nick Lowe,Tom T.Hall,John Fullbrightによる楽曲も収録。

タイトルの通り、今なかなか厳しい世の中で本物の「紳士」とはどういうことかを追求したカッコいいヴォーカル作品~ネット。

メンバーはDAVID PITCH(b)、AUSITN BEEDE(ds)、JOHN ”SCRAPPER” SNEIDER(tp)、DOUG YOWELL(perc)、JODY FERBER(cello)などです。

1.LATELY I’VE LET THINGS SLIDE

2.AFTER YOU’VE GONE

3.A LIFETIME TOGETHER

4.GENTLE MAN

5.AS USUAL 

6.REMEMBER 

1.SHE KNOWS

2.HERE WE GO AGAIN

3.SHAME ON THE RAIN

4.UNDER THE SNOW

5.LEARNING TO LET YOU GO

哀愁を帯びた演奏の中、しゃがれた渋い声で訥々と歌うスタイル、これはこれでよろしゅうございますね。

サックスとの二刀流なので両方同時と言う訳には行きません(これがピアノとの二刀流と違うところです)。

キャリア充分な方ですが私は初めて聴きました。

かっこ良いアルバムで楽しめます。

良いアルバムに出逢えて幸せです。

|

« 伊豆爺徘徊記(7.8) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.9) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(7.8) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.9) »