« 伊豆爺徘徊記(8.25) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.26) »

2020年8月26日 (水)

LIZZ WRIGHTのアルバム

今日紹介するのはLIZZ WRIGHTです。アルバムはGRACE(’17)です。

アメリカのジャズ/ゴスペル・シンガー、リズ・ライトの2年ぶり、6枚目のアルバムが登場。

本作は前作に引き続きConcordからのリリースで、自身のルーツであるアメリカ南部のソウルのさまざまな伝統をつなぐ曲とストーリーで綴られた作品。

ピアニストKenny Banks Sr.、スペシャル・ゲスト・ギタリストMarc Ribot、ベースの David Piltch、ギタリスト Chris BruceとMarvin Sewell、ドラマーJay Bellerose、キーボーディスト Patrick Warrenが参加~ネット。

1.BARLEY

2.SEEMS I’M NEVER TIRED LOVIN’ YOU

3.SINGING IN MY SOUL

4.SOUTHERN NIGHTS

5.WHAT WOULD I DO WITHOUT YOU

1.GRACE

2.STRARS FELL ON ALABAMA

3.EVERY GRAIN OF SAND

4.WASH ME CLEAN

5.ALL THE WAY HERE

太い低音で重厚な歌い方です。

サウンドの芯がぶれないので聴いていて安心出来ます。

彼女のアルバムはCD3枚,LP2枚持っていますので抜けた1枚は必然的にこのアルバムの前のアルバムとなります(汗)。

ゴスペル風のジャズも良いモノです。

これは残りもののゲットです。

| |

« 伊豆爺徘徊記(8.25) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.26) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(8.25) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.26) »