« 伊豆爺徘徊記(8.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.5) »

2020年8月 5日 (水)

LIANNE LA HAVASのアルバム

今日紹介するのはLIANNE LA HAVASです。アルバムは同LIANNE LA HAVAS(’20)です。

センシュアルに、ジャジーに。

UKのシンガー・ソングライター、リアン・ラ・ハヴァスがしっとりと綴る、愛と喪失、再生の物語。

自身のキャリアの新たな一頁を飾る、サード・アルバム『LIANNE LA HAVAS』完成。

■ ロンドンを拠点に活躍するシンガー・ソングライター、リアン・ラ・ハヴァス。

2011年のデビュー以来、深みのあるヴォーカルとスモーキーでジャジーなサウンドで聴くものを魅了してきた彼女が、2015年の『BLOOD』以来約5年ぶりとなる通算3作目のスタジオ・アルバムをリリース~ネット。

1.BITTERSWEET

2.READ MY MIND

3.GREEN PAPAYA

4.CAN’T FIGHT

5.PAPER THIN

6.WEIRD FISHES

7.PLEASE DON’T MAKE ME CRY

8.SEVEN TIMES

9.COURAGE

10.SOUR FLOWER

初めての歌姫です。

しっとりとした歌は聴き手の心の襞に深く染み入ります。

たまにはこう言う感じのアルバムに触れるのも良いモノです。

これも新譜案内で見付けたものです。

| |

« 伊豆爺徘徊記(8.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.5) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(8.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.5) »