« 伊豆爺徘徊記(9.30) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.1) »

2020年10月 1日 (木)

NICK MASONのアルバム

今日紹介するのはNICK MASONです。アルバムはLIVE AT THE ROUNDHOUSE(’20)です。

これは2枚組です。

ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスンのスーパー・グループが初期ピンク・フロイドを再現!

ニック・メイスンズ・ソーサ―フル・オブ・シークレッツ『ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス』

ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスンがピンク・フロイドのツアーメンバーらとともに初期ピンク・フロイド・ナンバーを再現するスーパー・グループ「ニック・メイスンズ・ソーサ―フル・オブ・シークレッツ」。

バンドとして初の作品『ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス』が発売される。

2019年5月にロンドンの伝説的なコンサート会場ラウンドハウスで収録されたライヴ映像と音源が、2CD+DVD、Blu-ray、2LPのパッケージでリリースされる。

ピンク・フロイドのアルバム『神秘(A Saucerful Of Secrets)』をバンド名に冠した「ニック・メイスンズ・ソーサ―フル・オブ・シークレッツ」はシド・バレット時代の曲を中心に1967年から1972年までのピンク・フロイドのアーリー・イヤーズの楽曲を演奏。

『ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス』はピンク・フロイドの活動初期以来、滅多に取り上げられることのなかった楽曲を蘇らせるバンドとしての神髄を捉えるライヴ作品で、中にはピンク・フロイドがライヴで一度も演奏することのなかった楽曲も収録されている~ネット。

ディスク 1

1.INTERSTELLAR OVERDRIVE

2.ASTRONOMY DOMINE

3.LUCIFER SAM

4.FEARLESS

5.OBSCURED BY CLOUDS

6.WHEN YOU’RE IN

7.REMEMBER A DAY 

8.ARNOLD LAYNE

9.VEGETABLE MAN

10.IF

11.ATOM HEART MOTHER

12.THE NILE SONG 

ディスク Ⅱ

1.GREEN IS THE COLOUR 

2.LET THERE BE MORE LIGHT

3.CHILDHOOD’S END 

4.SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN

5.SEE EMILY PLAY

6.BIKE

7.ONE OF THESE DAYS

8.A SAUCERFUL OF SECRETS

9.POINT ME AT THE SKY

ピンク・フロイド好きには堪りませんね。

50年遡って当時の楽曲を演奏する、それがライヴで楽しめる、何て素敵なことだろう。

知らない曲も一杯あるので極めて魅力的なアルバムです。

これは買って大正解でした。

| |

« 伊豆爺徘徊記(9.30) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.1) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.30) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.1) »