« 伊豆爺徘徊記(11.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.5) »

2020年11月 5日 (木)

PHIL WODDSのアルバム

今日紹介するのはPHIL WODDSです。アルバムはALIVE AND WELL IN PARIS(’68、’13)です。

澤野工房の真骨頂、オリジナル復刻シリーズの特別な一枚がここに誕生する。

フィル・ウッズ & ヨーロピアン・リズム・マシーンの「名盤」 “Alive and Well in Paris”。

■ メンバーはPhil Woods(as)、George Gruntz( p)、Henri Texier(b)、Daniel Humair(ds)です。

FACE 1 (Side A)

1.AND WHEN WE ARE YOUNG(Dedicated to Bob Kennedy)

2.ALIVE AND WELL

FACE2 (Side B)

3.FREEDOM JAZZ DANCE

4.STOLEN MOMENTS

5.DOXY

50年以上も前の録音とはとても思えません。

ホントに目の覚めるサウンドが繰り広げられて大変楽しめます。

カルテット全員の息がぴったり合って素晴らしい演奏です。

特にPhil Woodsのasが出色の出来栄えです。

これはホント買って良かった、です!!。

| |

« 伊豆爺徘徊記(11.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.5) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(11.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.5) »