« 伊豆爺徘徊記(11.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.24) »

2020年11月24日 (火)

PATTI SMITHのアルバム

今日紹介するのはPATTI SMITHです。アルバムはHOME FOR THE HOLIDAY(’98、’20)です。

これは2枚組です。

1998年にはオーストラリアとニュージーランドでボブ・ディランのサポートをするなど数多くのツアーを行ったなか、11月22日シカゴのリビエラ・シアターで開催されたWXRT FMの「HOLIDAY CONCERTS FOR THE KIDS」に出演。

彼女の並外れたキャリアの中から抜粋されたキラー・ナンバーを多数披露したバンド自体のパフォーマンスも非常に高い一夜となっています!!~ネット。

1.DEAD CITY

2.DANCING BAREFOOT

3.REDONDO BEACH

4.DON’T SAY NOTHING

5.GONE AGAIN

6.MY BLAKEAN YEAR

7.I’M SO LONESOME I COULD CRY

8.WING

9.SUMMER CANNIBALS

10.FREE MONEY

11.ABOUT A BOY

12.BECAUSE THE NIGHT

13.PEOPLE HAVE THE POWER

14.ROCKIN’ IN THE FREE WORLD

15.THE DECLARATION OF INDENPENDENCE/ROCK’ ’N’ ROLL NIGGER/GLORIA

彼女の歌は後年知ることとなったが彼女の世界を如実に体現している素晴らしい歌い手であることを知りそれ以来すっかりファンになってしまった。

このアルバムは当時アンテナに引っ掛かっていなかった訳だが今になって漸く目の前に現れてくれた次第です。

しかもこのアルバムはライヴなので余計に嬉しい。

聴いてみてその素晴らしさに圧倒されるとともに彼女の一番良い時代の作品であることも事実のようで入手出来てホンと良かったと思っています。

中身の濃いアルバムです。

| |

« 伊豆爺徘徊記(11.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.24) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(11.23) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.24) »