« 伊豆爺徘徊記(11.6) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.7) »

2020年11月 7日 (土)

松尾明のアルバム

今日紹介するのは松尾明です。アルバムはAND ALONE(’20)です。

録音は2インチモンスターテープによるアナログ録音で行われたデュオ並びにdsソロ作品です~ネット。

参加メンバーは松尾 明( ds)、山本玲子( vib)、牧原正洋( tp)です。

録音:2019年11月6日、7日、16 Studio Dede

1.SONORA(with:山本玲子( vib))

2.FRAGILE(with:山本玲子( vib))

3.ST.JAMES INFIRMARY(with:牧原正洋( tp))

4.NIGERIAN WALK(with:牧原正洋( tp))

1.SEVEN TIMES AROUND(ソロ)

2.MARCELLINA(with:牧原正洋( tp))

3.I SURRENDER DEAR(with:牧原正洋( tp))

4.RIM STORN(ソロ)

vibの美しいことと言ったらありゃしない。

更に音に艶と丸味と言う立体感が加わるのですから言うことなし。

これにdsが絡むのですからのっけからやられました。

tpとの絡みも良い。

勿論dsソロも弾けるサウンドで良い。

全て良いんだ。

全ての曲で兎に角音離れが秀逸。そして音像としての輪郭(厚みがある)が良い。空気感も言うことなし。

流石凝った録音ですね。

前日に聴いたPHILL WOODSも良かったが年代の差は間違いなくありますね。

素晴らしいアルバムですね。これは

| |

« 伊豆爺徘徊記(11.6) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.7) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

村田さんと同世代と言うことは私とも同世代ですね(村田さんは私より1歳上です)。
私はヨボヨボに加えてガタガタですが...。
ホンとエネルギッシュに活躍されている方は凄いです。
バズケロさんも同じですよ(人の思い付かないようなことを次から次へとやって行くのですから)。
村田さんプロデュースの東京のスタジオが完成間近のようです(11/25に早速録音とか)。
楽しみですね。

投稿: EVA | 2020年11月 8日 (日) 08時36分

松尾明さんの年齢は大体村田さんと同世代と推察されます。
音楽演奏をしていない時の松尾さんは結構ヨボヨボのおじいさんという感じですよ〜
新しい自分のレーベルを立ち上げてMAYAさんと音源営業回りをされている時に音楽関係の友人s氏(よくバズケロ日記に登場する遊び相手)がお相手した時のお話を色々と聞かせてもらいました。
実年齢までは把握できませんが、このおじいさんがこの切れ味。
凄いです。

村田さんといい、松尾さんといい、エネルギッシュに活躍される方はやっぱり我々とは違います!

投稿: バズケロ | 2020年11月 7日 (土) 21時57分

バズケロさん、お久し振りです。
腰砕けは尾を引いていて普段使わない部分の筋肉の痛みが日を追う毎に出て来ています。
何をするにも激痛が走るのでその度に中断してしまいます。
年取ると色々なことが起きて来るので何をやるにも若い時が一番です。
私はこれ以上細かな調整は無理なので後は立てたスケジュール通りに事が運べるようにするだけです。それが終わればお迎えを待つだけです。
さてこのアルバムコミュのバズケロさんの記事を見て発注しました。
聴くまでに時間が掛かりましたが以前持っていたアルバムとは雲泥の差でした。
ホントと生々しいまでに収録されており是非最終目標のシステムでこれを聴きたいものです(後何年かかるか全く、見通せませんが...)。
良いアルバムをご紹介して頂き有難うございました。
ところで松尾明さんはネットで見ても年齢等は出て来ませんがお幾つ位なのでしょうか。
分かったら教えて下さい(あのdsの音を聴いたら逆に年齢が知りたくなってしまいました)。

投稿: EVA | 2020年11月 7日 (土) 13時17分

EVAさん
ご無沙汰です。

先日の腰砕け日記にはヒヤヒヤさせられました。
怖いですよね!ご自愛ください。

さて、松尾明渾身の集大成を聴かれたのですね!
ご本人がどうしても自分の欲しい音を収録するためレーベルを独立させてまで録音した力作ですから。
しかもレーベル第一作目ということです。

演奏されているご本人も随分とお年を召されましたが、そんなことは微塵も感じさせない切れ味に魅了されます。

良いアルバムに出会えましたね!
これからも時々引っ張り出しては楽しまれてください。

投稿: バズケロ | 2020年11月 7日 (土) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(11.6) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11.7) »