« 伊豆爺徘徊記(12.6) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.7) »

2020年12月 7日 (月)

西郷輝彦のアルバム

今日紹介するのは西郷輝彦です。アルバムは西郷リサイタル(’72)です。

これはMILVAを迎えてのリサイタル(新宿厚生年金ホール)で懐かしの4チャンネル録音です。

1.ポーリュシカ・ポーレ*

2.真夏のあらし

3.愛の誓い

4.マイ・ワイフ・ザ・ダンサー

5.黒い炎

6.嘆きのインディアン

7.最後の恋

1.ホワット・アイ・セイ

2.哀しみの終わるとき

3.掠奪

4.狂ったハート

5.マイ・ウエイ

6.ケ・サラ*

曲の後に*があるのがMILVAとのデュエットです。

これは凄い。

4チャンネルLPはそんなに持っていませんがこの定位は何だ、と言う位決まっています。

このLP12のURIKA2の効果がこんなところにもはっきりと顕れています。

ソフトそのモノも少ない上にこのシステムで聴いている人はもっと少ない(掛け合わせの意味)と思われるので楽しめる私はある意味幸せです。

昔それ程聴かなかったみたいで盤面も良い状態なのでこれからも楽しめそうです。

| |

« 伊豆爺徘徊記(12.6) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.7) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12.6) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.7) »