« 伊豆爺徘徊記(12.25) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.26) »

2020年12月26日 (土)

NAT KING COLEのアルバム

今日紹介するのはNAT KING COLEです。アルバムはTHE BEST OF COLE ESPANOL(’58)です。

これは東芝の赤盤です。

1.CACHITO

2.QUIZAS、QUIZAS、QUIZAS

3.PERFIIA

4.MARIA ELENA

5.TE QUIERO、DIJISTE

6.AQUELLOS OJOS VERDES

7.ARRIVEDERCI ROMA 

1.SOLAMENTE UNA VES

2.EL BODEGUERO

3.TRES PALABRAS

4.NADIE ME AMA

5.ADIOS MARIQUOTA LINDA

6.LA GOLONDRINA

7.VAYA CON DIOS

オリジナルはモノラルでしょうがこれは全く中抜けしていません。

こう言う録音であれば特に違和感は感じられませんのでステレオでも私はOKです。

| |

« 伊豆爺徘徊記(12.25) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.26) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

私は昔から好きな歌手でした。

>地面が振動するような響き、、喉からの声では無かった!!

そう言う生歌聴いてみたいです。

>「○○ちゃん、英語話す時はスゴい低音、日本語だと高い音、、何で〜〜?」

言語で発音が変わるのでしょうか。興味深いですね~。

新型コロナ禍ですが良いお年を迎えられますように!!

投稿: EVA | 2020年12月26日 (土) 09時37分

Nut King Cole
おお なつかしや〜〜、、です。
こっちに移住して来た当時、Seattleに行った時 路上ミュージシャンが歌ってた。
地面が振動するような響き、、喉からの声では無かった!!
身体の芯から出るような声というより生命を感ずる振動でした。
本物のNut King Coleでは無かったけど すご〜〜いと思った。
 
何故なのかなぁ、、と思う事。
息子2人の嫁さんが、息子2人に
「○○ちゃん、英語話す時はスゴい低音、日本語だと高い音、、何で〜〜?」

もうすぐ 2021年!!
上昇気流の年で ありますように!!!


投稿: 草刈マッサオの妻  | 2020年12月26日 (土) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12.25) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12.26) »