« 伊豆爺徘徊記(2.6) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(2.7) »

2021年2月 7日 (日)

RHYEのアルバム

今日紹介するのはRHYEです。アルバムはHOME(’21)です。

マイク・ミロシュ率いるR&Bソウルユニット、ライ。

昨年5月にリリースしたEP『Spirit』に続く待望の全曲セルフプロデュースアルバム『Home』が1/22 (金) に発売された。

本作は、創造性とコミュニティの基盤としての「家」をテーマにした作品。

推進力のあるビート、ストリングスが奏でるオーケストラのような華々しさ、反芻するピアノの響き、性別を超えた官能的なヴォーカルから成り、全てがこれ以上ないほどに密接に関係し、活力のあるサウンドで溢れている。

2019~2020年初頭にかけてレコーディングが行なわれ、ジーザス&メリーチェイン、ナイン・インチ・ネイルズ、スマッシング・パンプキンズなどを手掛けたアラン・モウルダーがミキシングを担当。

また、最新シングルとなる「Black Rain」は、80年代ディスコにインスパイアされたサウンドを再現するために、アース、ウインド&ファイアーの ”ホームスタジオ” としても著名な、LAにあるRevival at The ComplexでヴィンテージのLudwig (ラディック) 社製ドラムを用いて録音されたという。

アルバムタイトルは、デビュー以来ヨーロッパを中心としたツアーでずっと世界中を回り続けてきたミロシュが、より心の安らぎを得られる恒久的な空間、シンプルに生きられる場所を求めるようになったことから辿り着いた境地を意味している~ネット。

これは2枚組です。

1.INTRO

2.COME IN CLOSER

3.BEAUTIFUL

4.SAFEWORD

5.HOLD YOU DOWN

6.NEED A LOVER

7.HELPLESS

8.BLACK RAIN

9.SWEETEST REVENGE

10.MY HEART BLEEDS

11.FIRE 

12.HOLY 

14.OUTRO

ブランク

今までの彼らのサウンドとはまた違った味わいを届けてくれます。

官能的なヴォーカルと心の安らぎと言う相反するようなテーマが実に良く融合・昇華されて爽やかに聴き手を魅了します。

私が聴いて来た彼らのアルバムの中では一番です。

これは我が家では初の’21製作アルバムとなりました。

これも

| |

« 伊豆爺徘徊記(2.6) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(2.7) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(2.6) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(2.7) »