« 伊豆爺徘徊記(7.28) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.29) »

2021年7月29日 (木)

浅丘ルリ子のアルバム

浅丘ルリ子 今日紹介するのは浅丘ルリ子です。アルバムは浅丘ルリ子の民謡を訪ねて(’68)です。

Ⅰ 

1.島原地方の子守唄 

2.常磐炭坑節 

3.南部牛追歌 

4.おこさ節 

5.ひえつき節 

6.佐渡おけさ

Ⅱ 

1.木曾節 

2.花笠音頭 

3.伊那節 

4.相馬盆歌 

5.コキリコ節 

6.田原坂

私が知っている浅丘ルリ子は何と言っても日活映画で小林旭と共演した時代が一番強烈にインプットされています。

何とこのアルバムのライナー・ノーツによると彼女の民謡通は関係者の間では有名だったようです。

そこでこのアルバムでは単に民謡を唄ったのではなく、彼女のナレーションによって、民謡の生い立ちが分かるようになっているのが特徴です。

「島原地方の子守唄」や「木曾節」など彼女だけしか唄えないユニークな編曲になっています。

更に「田原坂」や「南部牛追歌」など、高度の歌唱力を要求される民謡が多く取り入れられていると言うことも、彼女が民謡に精通しているばかりではなく歌を理解する心と歌唱力がなければならない訳ですし、おそらくこのアルバムもこんな素晴らしいものにならなかったはずです~ライナー・ノーツ。

彼女は特に「木曾節」と「花笠音頭」が好きだったようです~ネット。

でも私は民謡は聴かないのですネー、だから何故買ったのだろうと本当に良く分かりません。

恐らく店主に珍しいから持って行け、何て上手く唆されたのかも...。盤の状態は非常に良いです。

改めて聴いて、この盤はホンと素晴らしいと思いました。

当時唆して私をその気にさせた店主に感謝!!ですm(_ _)m

| |

« 伊豆爺徘徊記(7.28) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.29) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(7.28) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.29) »