« 伊豆爺徘徊記(8.22) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.23) »

2021年8月23日 (月)

OLIVIA RODRIGOのアルバム

今日紹介するのはOLIVIA RODRIGOです。アルバムはSOUR(’21)です。

『甘酸っぱい』恋に涙して、抱きしめて。

彼女の物語に、世界中が共感!デビュー曲が前代未聞の大ヒットとなり、音楽業界が騒然の現役女子高生アーティスト=オリヴィア・ロドリゴ。

デビューからわずか4カ月でデビュー・アルバムの発売が決定!リスナーの心に寄りそう繊細な作詞、感性豊かな作曲、透き通った歌声で、あなたを『甘酸っぱい』渦に巻き込んでいく・・・。

そんなオリヴィアの魅力が詰まった貴重な一枚!

■2021年1月にリリースしたデビュー曲「ドライバーズ・ライセンス」によって、全米・全英チャートで初登場1位、Apple Musicデイリーチャート62の国と地域で1位、Spotifyデイリーチャート33の国と地域で1位、史上最速で5億回再生を突破など、勢いを証明する数字には事足らず、「初登場から8週連続全米シングル・チャートで1位となった史上初のアーティスト」の記録を打ち立て、デビュー早々米タイム誌が発表する「次世代の100人」の2021年版にも選出、まさしく2021年を象徴するアーティスト。

アーティストプロフィール

2003年2月20日生まれ、米国ロサンゼルス在住のシンガー・ソングライター。

フィリピン人の父、アメリカ人の母を持つアジア系アメリカ人。

アーティスト、女優として活動するマルチな才能を持った18歳の現役女子高生。

幼少期から歌が大好きだったオリヴィアは、4歳からボーカルレッスンを始め、ギターやピアノを弾きながら作詞作曲を始める。

13歳の時に、ディズニー・チャンネル『やりすぎ配信!ビザードバーク』で女優活動を始め、16歳でディズニープラスのドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』で主役に大抜擢。

満を持して、2021年1月にデビュー・シングル「drivers license(ドライバーズ・ライセンス)」をリリースしたところ、同デビュー曲が全米・全英シングル・チャートで初登場1位を獲得。

8週連続で両チャート1位をキープし、全米史上初の「デビュー曲が8週連続全米1位を獲得した唯一のアーティスト」となった。

同楽曲は、Apple Musicデイリーチャート62の国と地域で1位、Spotifyデイリーチャート33の国と地域で1位。

Spotifyの週間再生数歴代1位、史上最速で5億回再生を突破など、数々の記録を塗り替えた~ネット。

1.BRUTAL

2.TRAITOR

3.DRIVERS LICENSE

4.I STEP FORWARD、3 STEPS BACK

5.DEJA VU

6.GOOD 4 U

1.ENOUGH FOR YOU

2.HAPPIER

3.JEALOUSY、JEALOUSY

4.FAVORITE CRIME

5.HOPE UR OK

若いけれど最早歌唱力はベテランのような雰囲気さえ漂っている(これはボーカルレッスンを始めたのが4歳なので納得)。

今後が楽しみな歌姫ですね。

私の知っている数少ない歌姫の中ではTAYLOR SWIFTに歌唱スタイルが似ている感じがします。

これは

| |

« 伊豆爺徘徊記(8.22) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.23) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(8.22) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.23) »