« SYLVIO GUALDAのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10/29) »

2021年10月29日 (金)

サーロジックの掲示板を見たら(’21/10/29)

今日はトドの裁判日(10/29)

オーディオ界から葬るのはもとより、法曹界からも葬ってやりたいですね、徹底抗戦です。

工務店がトドと結託していれば、こやつも偽証で告訴する。設計士は聡明な人物だからトドにたらし込まれてはいないだろうが、兆しがあれば告訴の対象。

SALogic 掲示板 (rocketbbs.com)

詳しくは↑をご覧下さい。

暢気に●●●●●ツイッターなどを垂れ流している場合ではないと思うが...。

ご参考

長野ブルービル五階の法律事務所(写真付き))
http://nagaben.jp/publics/index/72/

長谷川 平蔵(ツイッター)https://twitter.com/sinshusoba?

ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

ゴルゴ平蔵(mixi)・・・https://open.mixi.jp/user/8290003/diary/1981045503

*ブログ|ニャンコの音楽とオーディオでまったりした日々 (ameblo.jp)

https://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=tiromie&

以上は全て同一人物です。

なおトドの攻撃が如何に無茶苦茶かを知りたい方は以前の掲示板 (rocketbbs.com)(表記はサーロジック掲示板)をご覧になれば良く分かります。

伊豆じい 出せや(笑) そうして早く死ね(笑) https://am-izu.cocolog-nifty.com #ファイルウェブ #オーディオアクセサリー #音元出版 #サーロジック #ツンボ・・・誹謗中傷

午前0:02 · 20211225

| |

« SYLVIO GUALDAのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10/29) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

どこの国でも弁護士の仕事内容は多分共通していると思います。
>その若手の1人は靴マニア、別の1人は何も興味を示さない根暗ネクラ、、
娘が あんなんで弁護士出来るんかいな??、、、と
その感想はご尤もと思います(汗)。
ただトド弁護士のように悪質で弁護士の名を語るのに相応しくない輩もいると言うのが実状です。
私は原告の村田さんの友人でありますが私自身も1400件超の誹謗中傷の悪質メールを送り付けられましたので非常に憤慨しています。
早く相応の判断が下されることを願っています。

投稿: EVA | 2021年11月 2日 (火) 07時58分

トド弁護士?
コムロ弁護士??
日本 どうなってるの〜???
 
こっちでは 弁護士は依頼主の代理で 言葉の喧嘩で 相手を勝つのが職業だと
娘が言ってました。
その、娘、交差点で立って時、車が信号の鉄柱に衝突、倒れた鉄柱の一部で
足の骨に、、、その時 最低限の保険からの治療代、、、は出たけど、、、
でも、、医者に行く時の車代とか着てた洋服とかは???
弁護士が 後遺症とか出た時の為に裁判所にレポートした方が良い、、と。
結局 多少の金額増額が認められ、後遺症の件もレポートされました。

余談ですが 昔々の知人が弁護士@日本 若手の弁護士3〜4人連れてこっちに来た。
その若手の1人は靴マニア、別の1人は何も興味を示さない根暗ネクラ、、
娘が あんなんで弁護士出来るんかいな??、、、と


投稿: 草刈マッサオの妻 | 2021年11月 2日 (火) 00時54分

おはようございます。
誹謗中傷の代償なので相当な額になるでしょうね~。
被害者の会の人数も膨れ上がっているとのこと、じわじわと身動き出来なくなりそうですね。
「商品代金踏み倒し」と言う自ら蒔いた結果ですから、自業自得と言ったところでしょうか...。

投稿: EVA | 2021年10月30日 (土) 07時56分

おはようございます。
平蔵ことトドの賠償金額が相当な額に膨れ上がっているようですね。被害者の会も人数が膨れ上がっていますから、仕事も出来なくなって、家もオーディオも売り払うことになるのでしょうね。

裁判の行方が見えたら、被害者の会が立ち上がる手はずで承知しました。詳しい話はアメブロの方で。こちらは人集めの窓口ですからね。

◆恨みをはらしたい方は、伊豆爺さんでもヒジヤンにでも連絡を下さい。秘密は厳守いたします。

投稿: hiji | 2021年10月30日 (土) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SYLVIO GUALDAのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10/29) »