« 伊豆爺徘徊記(12/4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12/5) »

2021年12月 5日 (日)

FOURPLAYのアルバム

今日紹介するのはFOURPLAYです。アルバムはBEST OF FOURPLAY(’97、’20)です。

名だたるプレイヤーが集結したフュージョングループ、フォープレイが、ワーナー・ミュージック在籍時のヒット曲を収録した97年リリースのベストアルバムが、高音質レーベル<evosound>より、オリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリング、180g重量盤レコードで登場~ネット。

私が彼らを知ったのはこの後からですのでその前の内容と言うことなので購入した次第です。

1.MAXーO-MAN

2.101 EASTBOUND

3.HIGHER GROUND(feat:TAKE 6)

4.4PLAY AND PLEASURE

5.AFTER THE DANCE(feat:EL DEBARGE)

1.CHANT 

2.BALI RUN

3.BETWEEN THE SHEETS(feat:CHAKA KHAN AND and NATHAN EAST)

4.ANY TIME OF DAY

5.WHY CAN’T IT WAIT TILL MORNING(feat:PHIL COLLINS)

私にとっては彼らの初のLPです(今まではCDの世界でしか知りませんでした)。

軽快にリズムを刻むノリノリのサウンドです。

音の品位からして違います。

低い音は飽くまで低く、中音から高音に掛けては伸びやかに奏でられるので実に楽しい音楽に仕上がっています。

ベスト盤だけれどこれは買って良かった。

勿論

| |

« 伊豆爺徘徊記(12/4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12/5) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12/4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12/5) »