« 伊豆爺徘徊記(12/15) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12/16) »

2021年12月16日 (木)

BILL EVANSのアルバム

今日紹介するのはBILL EVANSです。アルバムはBEHIND THE DIKES(’69,’21)です。

これは3枚組です。

これは限定盤でシリアルNOは3559/5950でした。

★ビル・エヴァンス・エステートとオランダのプロデューサー兼研究者であるフランク・ヨケムセンと共同で制作された本作は、スペインのプロデューサー、ジョルディ・ソレイとレゾナンス・レコードの共同社長であるゼヴ・フェルドマンによって2013 年に設立されたエレメンタルミュージックから発売される初めてのビル・エヴァンス発掘プロジェクトです。

★本作はビル・エヴァンス(p)、エディ・ゴメス(b)、マーティ・モレル(ds) のトリオが1969 年にオランダに残した貴重なライブ音源を集めたもの。

非公式の海賊版では流通していたこともあったが、今回の発売は遺族等に正式な権利を交渉した上での初の合法的なアルバム発売となります。

★ 1969 年3 月26日にヒルフェルスムで開催されたVARA Studio でのライブ、そして1969 年11 月28日にアムステルダムで開催されたRAIアムステルダムでのライブ、そしてラストの2 曲は1969 年3月25日の録音でクラウス・オガーマンのアレンジによる、同トリオにメトロポー・オーケストラが参加しての美し幻想的な演奏が収録されています。

★本作の共同プロデューサーであるゼヴ・フェルドマンは、「 ビル・エヴァンスの子息であるエヴァン・エヴァンス、ビル・エヴァンス・エステート、エディ・ゴメス、マーティ・モレル等と再び協力して、エヴァンスの壮大な録音遺産の一部として、より多くの音楽を公式に発表できることをとてもうれしく思います。

また、私の共同プロデューサーであるフランク・ヨケムセンと再び力を合わせることもスリルがあります。フランク・ヨケムセンはエレメンタルのエグゼクティブプロデューサーであるカルロス・アグスティンの支援を受けて、オリジナルのオープンリール・テープをラジオ局から見つけることができました。」

★LPのマスタリングを担当したのはバーニー・グランドマン。オリジナルアナログテープの状態が非常によく、臨場感あふれる高音質で楽しむことができます~ネット。

ディスク 1

SIDE A

1.ANNOUNCEMENT BY MICHIEL DE RUYTER/YOU’RE GONNA HEAR FROM ME

2.EMILY

3.STELLA BY STARLIGHT

4.TURN OUT THE STARS

SIDE B

1.WALTZ FOR DEBBY

2.’ROUND MIDNIGHT

3.I LET A SONG GO OUT OF MY HEART

ディスク 2

SIDE C

1.ALFIE

2.BEAUTIFUL LOVE

3.MY FUNNY VALENTINE

SIDE D

1.LOVE THEME FROM SPARTACUS

2.ONE FOR HELEN

3.QUIET NOW

4.SOMEDAY MY PRINCE WILL COME

ディスク 4

SIDE E

1. ANNOUNCEMENT BY AAD BOS/VERY EARLY

2.A SLEEPIN’ BEE

3.TURN OUT THE STARS

4.AUTUMN LEAVES

SIDE F

1.QUIET NOW

2.NARDIS

3.GRANADS

4.PAVANE

これはボリュームがあるので聴くのが若干後回しになったけれど聴いて見たらとても素晴らしい演奏でビックリしました。

半世紀以上も前の録音だが↑で保存状態が良いとなっていたけれどこればかりは聴いて見ないと何とも言えないと正直なところ半信半疑でした。

でも聴いて見たらその通りのとても素晴らしい演奏だったので呆気に取られてしまいました。

今まさに眼前で演奏されているような錯覚さえ覚えます。

臨場感抜群でトリオの丁々発止の駆け引きがとても良く反映されています。

若干高かったけれどこれは買って良かった。

| |

« 伊豆爺徘徊記(12/15) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12/16) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

確かに高かったけれどHMVのポイントがあったのでチョッと安く買えたので良かったです(汗)。
それ以上に聴いてびっくりしましたネ。
鮮度は勿論ですが演奏・録音自体も良く買い損ねたらアウトですから買えて良かったです。
EXAKTシステムは今月の10日以降から俄然真価を発揮して来ました。
200V電源とシステムのエージングが一緒でサウンドがこなれて来て表現がもの凄いことになって来ました。
来月1日にその後をアップしますのでまた時間ありましたらご覧下さい。

投稿: EVA | 2021年12月18日 (土) 12時33分

このエバンスのアルバムは高かったけど価値がありましたね!
本当に音質も素晴らしく臨場感半端無いです。
買うまでは半信半疑(笑)
今では入手できてよかった!と思います。

EVAさんも新しいシステムになったので、進化の度に楽しめますね。

投稿: バズケロ | 2021年12月18日 (土) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(12/15) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(12/16) »