« 伊豆爺徘徊記(6/10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(6/11) »

2022年6月11日 (土)

MELODY GARDOTのアルバム

今日紹介するのはMELODY GARDOTです。アルバムはENTRE EUX DEUX(’22)です。

メロディ・ガルドーの約2年振りとなる新作が登場。

本作ではヴォーカルに専念。

ブラジル音楽を代表するギタリスト/作曲家バーデン・パウエルの息子であるピアニストのフィリップ・バーデン・パウエルとの全編デュオによるインティメイトな作品となっている。

全編ピアノとのデュオによるアルバムはキャリア初の試みだ。

新曲を中心に、映画『男と女』でピエール・バルーが歌った「あらがえないもの」や、フィリップの父バーデン・パウエルの名曲「プレリュードのサンバ」なども収録。

タイトルの『オントレ・ウー・ドゥ』(ENTRE EUX DEUX)は2人の間でという意味~ネット。

【パーソネル】はMelody Gardot(vo) Philippe Powell(p) です。

1.THIS FOOLISH HEART COULD LOVE YOU

2.WHAT OF YOUR EYES

3.PLUS FORT QUE NOUT

4.A LA TOUR EIFFEL

5.FLEURS DU DIMANCHE

6.SAMBA EM PRELUDIO

7.PERHAPS YOU’LL WONDER WHY

8.RECITATIVE

9.ODE TO EVERY MAN

10.DARLING FARE THEE WELL

彼女初のデュオ作品です。

それぞれの実力を味わうには最高のアルバムです。

ピアニストがギタリスト/作曲家バーデン・パウエルの息子と言うのも良い組み合わせではないでしょうか。

じっくり・しっとりと聴かせる渋くて良いアルバムに仕上がっています。

これも買って良かったアルバムです。

| |

« 伊豆爺徘徊記(6/10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(6/11) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(6/10) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(6/11) »