« 伊豆爺徘徊記(11/5) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11/6) »

2022年11月 6日 (日)

DR.JOHNのアルバム

今日紹介するのはDR.JOHNです。アルバムはTHINGS HAPPEN THAT WAY(’22)です。

2019年6月13日にこの世を去ったドクター・ジョンが亡くなる直前に完成させた最後のオリジナルアルバム『Things Happen That Way』。

ジョニー・キャッシュのヒット曲から引用したタイトルを冠する本アルバムが Rounder レーベルより発売される。

ジョンの最後のオリジナル曲のほか、ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアルをフィーチャーした「I Walk On Guilded Splinters」の再録、トラヴェリング・ウィルベリーズ「End Of The Line」のカヴァー、先述したジョニー・キャッシュ 1958年サン時代のヒット「Guess Things Happen That Way」、ハンク・ウィリアムス「Ramblin' Man」「I'm So Lonesome I Could Cry」、ウィリー・ネルソン「Funny How Time Slips Away」といったカントリー古典のカヴァー、ドリー・パートンで知られるトラディショナルゴスペル「(Gimme That) Old Time Religion」など全10曲を収録。

またアルバムにはゲストヴォーカルとして、ウィリー・ネルソン、リッキー・リー・ジョーンズ、アーロン・ネヴィルが参加している~ネット。

1.FUNNY HOW TIME SLIPS AWAY

2.RAMBLIN’ MAN

3.GIMME THAT OLD TIME RELIGION(feat. Willie Nelson)

4.I WALK ON GUILDED SPLINTERS (feat. Lukas Nelson & Promise of The Real)

5.I’M SO LONESOME I COULD CRY

6.END OF THE LINE(feat. Aaron Neville)

7.HOLY WATER

8.SLEEPING DOGS BEST LEFT ALONE

9.GIVE MYSELF A GOOD TALKIN’ TO

10.GUESS THINGS HAPPEN THAT WAY

私は彼の歌も独特なところが大好きです。

このアルバムを聴く限り、声の張りも良く最後のアルバムとはとても思えません。

本音としては未だゝ彼の名調子の歌を聴きたかった。

享年77歳。合掌!!

| |

« 伊豆爺徘徊記(11/5) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11/6) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(11/5) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11/6) »