« 伊豆爺徘徊記(11/22) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11/23) »

2022年11月23日 (水)

RONNIE BARRONのアルバム

今日紹介するのはRONNIE BARRONです。アルバムは(’78、’22)です。

細野晴臣プロデュースによるニューオリンズ・サウンドの核心。

ドクター・ジョンと共にニューオーリンズ・サウンドの核心を担ったロニー・バロンが、細野晴臣プロデュースで作り上げた1978年作品を当作品のCoプロデューサーでもある久保田麻琴によるリマスタリングで日本盤リイシュー!

ニューオーリンズ録音はDr. JohnとThe Metersのメンバー、東京録音はティン・パン・アレーと夕焼け楽団のメンバーが参加!ニューオーリンズと東京を架橋する奥深いサウンドは今こそ聞くべき作品~ネット。

Vocals: Ronnie Barron
Backing Vocals: Kim J. Barron, Sandi A Hohn

1.PRELUDE

2.MOON SHININ’ BRIGHT

3.MAKE YOU LOVE ME

4.HONEY、HONEY

5.RUNNING SOUTH、RUNNING NORTH

6.CARRY IT ON HOME TO ROSIE

7.SOME PEOPLE

8.DOING BUSINESS WITH THE DEVIL

9.MY JEALOUSY

10.SHE DOES IT GOOD

11.LOVE AFFAIR

初めての方です。

これはDr. John関連で入手したようなものです。

パワフルな歌声で低音も申し分ない圧でニューオリンズ・サウンドそのものです。

40年以上前の録音ですが全然古さは感じられず、聴こえて来るサウンドは新鮮そのものです。

たまにはこう言うアルバムも良いですね。

私は聴くジャンルは余り意識しないタイプの雑食なので色々のごった煮が大好きです。

| |

« 伊豆爺徘徊記(11/22) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11/23) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(11/22) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(11/23) »