« 伊豆爺徘徊記(1/14) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1/15) »

2023年1月15日 (日)

板橋文夫のアルバム

今日紹介するのは板橋文夫です。アルバムは(’76、’22)です。

メンバーは板橋文夫(p)、岡田勉(b)、楠本卓司(ds)です。

強烈な個性とヴァイタルなプレイで注目を集めていたピアニストが放った、全曲オリジナルのデビュー・アルバムがLPで復刻!~ネット。

1.ALLIGATOR DANCE

2.GOOD-BYE

1.TOH

これは凄い!!。

彼のアルバムはこれ以降は持っていたけれどデビュー盤がこれほどのモノとは思いませんでした。

ホンと強烈な個性が溢れんばかりに内から飛び出して來る感じが良く分かります。

まさにタイトルの「濤」を如実に言い表している(ここではTOHと読んでいる)。

濤の打ち寄せる様のバリエーション豊かな様子を良く表している。

良いアルバムです。

| |

« 伊豆爺徘徊記(1/14) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1/15) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(1/14) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1/15) »