« NORAH JONESのアルバム | トップページ | JOE LOVANOのアルバム »

2023年10月13日 (金)

鈴木勲のアルバム

今日紹介するのは鈴木勲です。アルバムはBLUE ROAD(’75、’23)です。

鈴木勲カルテット+2『Blue Road』(1975 年録音)。

名盤『オランウータン』レコーディングの翌月、録音メンバーが満を持して臨んだ「5 Days in Jazz 1975」における貴重なギグの記録です。

いずれも残されていた 2 インチ・マスターテープからデジタル化したもので、〈スリー・ブラインド・マイス〉を主宰していた藤井武氏監修の下、このライヴレコーディングも担当していた“TBM サウンドの番人” 神成芳彦氏がトラックダウンを担当。

半世紀前の TBMサウンドが再現されています。

名盤『オランウータン』レコーディングの翌月、録音メンバーが満を持して臨んだ「5Days in Jazz 1975」における貴重なギグの記録です~ネット。

(1975年5月26日 東京・日本都市センターホールにてライヴ録音)監修:藤井武/録音&ミックス:神成芳彦

【演奏者】
鈴木 勲 bass、ello、 electric piano、森 剣治 alto sax, bass clarinet、 flute、渡辺香津美 guitar、守 新治 drums、河上 修 bass, electric bass、中本マリ vocalです。

1.BLUE ROAD(I.Suzuki)

Ⅱ 

1. ORANGーUTAN(I.Suzuki) 

久々に聴くTBMサウンドです。

切れ味・サウンドの圧は相変わらずモノ凄いです。

しかも各面1曲づつの収録と言う贅沢さ。

これがライヴと来ているので会場の盛り上がり方も半端ではありません。

そしてこれも久し振りです、若かりし中本マリの歌声も楽しめました。

| |

« NORAH JONESのアルバム | トップページ | JOE LOVANOのアルバム »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NORAH JONESのアルバム | トップページ | JOE LOVANOのアルバム »