« NADA SURFのアルバム | トップページ | 我が家の庭で遭難!? »

2024年1月21日 (日)

ANTHONY WILLIAMSのアルバム

今日紹介するのはANTHONY WILLIAMS(TONY WILLIAMSのこと)です。アルバムはSPRING(’65、’23)です。

若くしてブルーノートの名セッションに参加した神童トニー・ウィリアムスのリーダー作第2弾。

マイルス・グループの同僚ハービー・ハンコックとウェイン・ショーター、ボストン時代の先輩サム・リヴァースが参加した異色の2テナー編成。

ショーター~リヴァースにとって唯一の競演の記録。

全曲トニーのオリジナルで、スリリングな即興演奏が繰り広げられていく。

リヴァースをフィーチャーしたフォーク・タッチの「ラヴ・ソング」が美しい。

本作録音当時まだ19歳!~ネット。

メンバーはWAYNE SHORTE、SAM RIVERS(ts)、HERBIE HANCOCOK(p)、GARY PEACOCK(b)、ANTHONY WILLIAMS(ds)です。

1.EXTRAS

2.ECHO

3.FROM BEFORE

4.LOVE SONG

5.TEE

キレッキレのサウンドは気持ち良いです。

これが半世紀以上前の録音とはとても思えません。

若いと言うだけでは片付けられない位良い仕事をしています。

どこかの鑑定人の口調になってしまいました(汗)。

| |

« NADA SURFのアルバム | トップページ | 我が家の庭で遭難!? »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NADA SURFのアルバム | トップページ | 我が家の庭で遭難!? »