« 救急病院 | トップページ | なぜヒトだけが老いるのか・・・小林武彦著 »

2024年6月10日 (月)

新型コロナ感染

2/16コロナに罹った(どうも出入り業者の方が感染源らしい)。

病院内での感染なので対応は早く重症化することもなく2/28には隔離解除(同部屋の最終解除者に合わせた)。

勿論初めて薬を飲んだが今まで見たことがないような大きな錠剤です。

薬に対して余り特別な感慨を持っていない私ですがこの大きさに初めて絶句しました。

コロナに罹ったお陰で色々な情報が得られました。

当病院のナースも結構罹った経験があるらしく色々なことを教えて頂きました。

後遺症は千差万別で3~6ヶ月以上掛かる人もいれば年単位で苦しんでいる人もいると言う(眩暈等)。

ある人は足の指の爪が黒く変色したとか、コロナの後、血中酸素濃度が低い人は脳梗塞になる可能性があるとか・・・怖いですね。

今振り返ると私はコロナに罹るなんて想像もしていなかったのでこれじゃ、踏んだり蹴ったりだと思いました。

これで入院生活が更に長くなるのではと心配しましたが罹ったのが圧迫骨折入院時と略同時期だったので影響はなかった、と思いたい(ホッと一安心でした)。

 

 

| |

« 救急病院 | トップページ | なぜヒトだけが老いるのか・・・小林武彦著 »

入院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 救急病院 | トップページ | なぜヒトだけが老いるのか・・・小林武彦著 »