電気代

2023年1月23日 (月)

東電くらしテプコのサイトがリニューアルされました。

今朝いつものように↑を見たら、変更後のサイトが表示されていました。

これは金額・使用料・トピック等々を知らせてくれるサイトです。

変更があったのはログイン画面、更に入ってからは今までは使用料のみが日毎に表示されていましたが今朝見たら日毎の金額も見られるようになりました。

私は深夜電力を使用しているので使用量だけだと今一不明だったのが今後はリアルタイムで金額の積算(これは自分で日足表を作成管理)が出来るようになったことです。

これで当月の凡その最終結果も予測し易くなりました。

他社さんのことは分かりませんが少しづつではあるけれどユーザーライクになって来たようです。

その為の絶対条件は後日になってから使用量・金額の修正を勝手にしないことです、東電さん!!(日々のアップデートに自信を持ってやってくださいね)。

| | | コメント (0)

2023年1月13日 (金)

節電対策は電熱ウェアで決まり!!

最初に申し上げますと12月よりは矢張り寒くなったこともあり同じような削減とはなりませんでしたが期待以上の成果でした。

  10月 11月 12月 1月 2月 3月
21検針 472 588 1,126 1,702 1,887 1,674
▲3% 458 570 1,092 1,651 1,830 1,624
22実績 477 606 755 1,389    
実績% 1.1 3.1 ▲33.0 ▲18.4     

バッテリーは結局計3台購入し最初の付属品以外の3台で切り回しました(10000mAh、20000mAh、30000mA)。

そして言えることは東電のデータが後日勝手に修正されていたことは1月も同じでした。

ただ前半は略2日に1回の割合で後日勝手に修正されていたのに対し後半はなくなりました。

中身を見たところ、ある時間帯のデータがすっぽり抜け落ちていました(汗)。

それに東電が気が付いたのかどうかは分かりませんがその現象はなくなりました(それが全てかどうかも私には分かりかねますが...)。

エアコンは変らず19℃設定で使用しています。

ただし朝は冷え込みがきついのでエアコン使用しています(ここが12月検針時より削減率が下がった要因でしょう)。

昼間は電熱ウエアだけです。

夜は12月と同様に趣味の音楽鑑賞(LP再生)をするのでカートリッジの針の為に止む無く部屋全体を温めています。

これで2月、3月検針も同様な対策で充分効果的な結果が得られると確信しました。

電熱ウェアによる節電対策は大成功です!!。

ただこれだけ削減してもそもそものコストが上がっているので料金は前年比+約¥12,000.-弱となりました(大汗)。

2月が今月以上の料金(昨年実績)なのでこれ以上の節電をやりたいところですが今程度の削減が限界かも...(涙)。

| | | コメント (0)

2022年12月11日 (日)

電熱ウェア・フル稼働後初の検針日(12/9)後、東電のHPが更新された。その結果は!!

最初に申し上げます。

  10月 11月 12月 1月 2月 3月
21検針 472 588 1,126 1,702 1,887 1,674
▲3% 458 570 1,092 1,651 1,830 1,624
22実績 477 606 755      
実績% 1.1 3.1 ▲33.0      

↑の通り大成功でした。

11月は実質1/3程度の稼働だったので使用量には大きな影響は出ませんでした。

それを踏まえ見積もりも効果低めに設定して臨みました。

加えて12月は11月比1.9倍の使用量ですからこのままでは寒さ対策には厳しいので様子を見てバッテリーをもう1台購入してウェアの温度対策をしました。

そして切目なくバッテリーを交換して使用する為に12月に入って更にもう1台購入しました。

結局最初に電熱ウエアに付いて来たバッテリーと合わせると合計3台となりました。

容量的には付属のモノは平均的なモノで容量も小さいことが分かりました。

私はスマホも持っていないのでこの種のバッテリーを使ったことがない為、どう言うモノがあるのか全く門外漢でしたので2台目に購入したのは10000mAhの容量でした。

これも充分な容量ですが3台目に選んだのは更に倍の20000mAhのモノでした。

使ってみて追加で購入したモノ2台で設定温度50℃(中)で使い回し出来そうです(付属のモノは万が一の繋ぎとして利用する程度)。

更に1月は12月比1.5倍の使用量ですが恐らく3台あれば大丈夫でしょう(間に合わないようでしたら4台目を購入するしかないか)。

容量倍のモノは当然コストは高かったのですが購入時期が丁度アマゾンの今年最後のブラックフライデー期間中と言うこともあって安く購入出来ました(宅急便も大忙しのようでこの山の中でも配達は夜になってしまいました・・・普段は殆どが午前中です)。

さて、そんなコスト減を計っている時に気になったことが起りました。

それは東電のデータが後日勝手に修正されていたことです。

たまたま12/6にチェックしたところ2日前のデータが修正されていました(それも使用量が増える方向へ・・・先月の日足を計算した時も最終データが日足と違っていて増えていたのでおかしいなと思っていたが調べる気にもならなかったので放って置きましたがこれが事実だとすると東電の日々のデータも信用ならない、と言うことで念の為今月分は全て再チェックしました、驚くことに5日分も修正されていました・・・(12/9検針時にチェックをして見たら更にもう1件修正されていました・・・計6日分)私の見積もりで言うと微々たるものでしたが、こんなことではホントにシャレにならない。東電よしっかりしてくれ!!・・・これには後日談として最終日のデータが更に増えていました。日毎にアップされたデータに基づくと▲35%でしたから・・・東電の採用のデータがどうなっているのかさっぱり分かりません(日毎のアップデータと微妙に違う為・・・因みに全て再チェックしていますから間違いはありません)。

エアコンは19℃設定で使用しています。

朝と昼間は電熱ウエアだけです。

夜は趣味の音楽鑑賞(LP再生)をするのでカートリッジの針の為に止む無く部屋全体を温めています。

なお朝・昼も音楽鑑賞していますがCD再生なのでスポット暖房で対処しています。

それにしてもこんなに効果があるとは思いもよりませんでした。

色々ありましたが対策は大成功でした!!。

今までは予習段階でこれからが本番の1月~3月、果てさてどうなることやらやって見ての楽しみ!!。

ただこれだけ削減してもそもそものコストが上がっているので料金は前年比+約¥1,000.-弱となりました(汗)。

| | | コメント (2)

2022年12月 5日 (月)

電熱ウエアは効果絶大!!。

電熱ウエアを購入して10月下旬バッテリーを1個追加して切れ目なく体を温めて、部屋全体の暖房を極力抑える努力をして来ました。

今月は9日が検針日ですが今のところ予定を遥かに上回る結果が出ています。

勿論後4日あるので楽観は出来ませんが私の予想だと悪くて20%、上手く行けば30%近く削減出来るのではないかと見ています。

東電の日々のデータを表で管理していますが後4日間は今までよりも相当高い水準を見込んで管理表を作成していますので今の状況を勘案するにそこまでは行かないのではと思っていますので↑に記述した効果が期待出来そう、と言う訳です。

そしてトドメは一昨日夜に3個目のバッテリー(今までで最大容量)を入手して今後の厳寒期を乗り切る為の準備を終えました。

3個あると厳寒期には今よりウエアの設定温度を高めに設定して更に体を温められますのでより効果は発揮されると思います。

どこやらの知事の発案かどうか知らないが「タートルネック」だの、経産大臣の「こまめに消灯」だのと言うレベルは分かっている人は既に実施しているし、そのレベルでは大きな削減は全く期待出来ません。

偉い人があんな程度の発言しか出来ないことを知ると何だか情けなくなります。

もっと斬新なやり方があることを模索しないのか、そうそう偉い人だけではなくその下で働いている人たちも全く知恵を働かせていないとしか言いようがない。

見掛けは優秀なようだが内容は極めてお粗末なレベルと更に確信した次第です。

因みに私は1日の間一番長くいる部屋のエアコン暖房は電熱ウエアのお陰で日中は使いません。

夜間だけ19℃設定で使用しています。

理由は音楽鑑賞が趣味で、しかもアナログ再生なのでカートリッジの針の保護を兼ねている為の措置です(部屋は天井が3~5mと高いので部屋中を温めようとすればどれだけ電気代が掛かるか昨年までの実績を知っているので同じ間違いはしたくない)。

一昨日来の10℃台の室温でも日中はエアコン不要で全く問題なし。

さて検針日が楽しみです。

| | | コメント (0)

2022年11月12日 (土)

電熱ウエアを利用しての実証実験結果!!(効果あり)

11/10検針日に合わせて↑の実験(予習)をしてみました。

実際利用したのは今月に入ってからの10日間なので2/3は従来通りの節電なので正直効率的な節電にはなっていません。

でも1/3とは言え予習した意味はありました。

昨年実績の使用量に対し日足表を作って期間分の使用量を把握しました。

11月は東電・国の節電3%減の対象月ではないのですが私の狙いはコストそのものを抑えることなのです(対象月は1~3月)。

ある程度その効果が出れば当然余禄のご褒美として月1000ポイントのゲットにも結び付く可能性がある訳ですから...(雀の涙)。

我が家は深夜電力利用なので全時間帯同一料金に比べると若干は低めになると思います。

  10月 11月 12月 1月 2月 3月
21検針 472 588 1,126 1,702 1,887 1,674
▲3% 458 570 1,092 1,651 1,830 1,624
22実績 477 606        
実績% 101.1 101.3        

10月は電熱ウェア導入前の状態で努力しましたが結果は矢張りXでした。

11月は1/3の期間の利用でしたが早くも効果が現れました。昨年比+101.3でした(全面的に使用していたらと思いました)。

これでも料金的には前月比+¥4,933、前年同月比+¥7,884想像を絶する高騰振りです。

電熱ウェアを導入しないで従来の節約程度では結果は恐ろしいことになっていたことでしょう。

その上、12月は11月比1.9倍の使用量ですからこのままでは寒さ対策には厳しいので様子を見てバッテリーをもう1台購入してウェアの温度対策をしたい(温度を上げればそれだけ早くバッテリーが消耗するので2台体制で充電して順次使うことにする・・・11月の料金を見てこれは決定です)。

他にも正解は色々あるかと思いますが私はこれでこの冬乗り切りたいと思います。

| | | コメント (0)

2022年11月 1日 (火)

電熱ウエアでこの冬を乗り切るぞ!!

先月下旬電熱ウエア(=電熱ベスト)を購入しました。

どんなモノか少しの期間色々試してみました。

私の購入したモノは温度的には高(60℃)・中(50℃)・低温(40℃)の3パターンの切り替えが出来ます。

加えて背中全部とか一部(腰の辺り)の切り替えも出来ます。

低温の一部で使用すると約15時間連続使用出来ます(これでバッテリー充電は深夜時間帯にする予定)。

私の場合1~3月(検針ベース)の昨年の電気代が約140千円です。

仮に電気代高騰で+20%とすると168千円です。

これでは年金生活者には死ねと言うようなものですね(12、4月もに順次高い、即ち私的に考えると12~4月の5か月間は冬です)。

と言うことで出来るだけエアコンを使わないで生活が出来るようにを購入した次第です。

何も部屋全体を温める必要はないのでネ(我が家は音楽鑑賞の為に傾斜天井です、高さは3~5mあります・・・そしてここが一番使う部屋です)。

一応11月検針時からどの程度か確認する意味で購入しましたのである程度予習は出来ると思いました。

数年前までの体が問題ない時までは冬でも雨・雪の降らない昼間の1~2時間は庭の整理をしていたのでその間は暖房を使う必要はなかったのですが足腰が悪くなって今のパターンになってからは昼間から電気のお世話にならないと生活そのモノが成り立ちません(泣く)。

と言うことで出来るだけ節電を計り生活の許容範囲内に収まるようにしたいと工夫しているところです。

勿論結果はやって見ないと分かりませんので出来る範囲で努力するしかありません。

| | | コメント (0)

2022年10月15日 (土)

10月の電気料金

昨日報告がありました。

あれだけ節約試みても昨年同月比+1%(+¥5,311.ー)となっていました。

これでは冬季の3%削減はとても無理なようです。

無理なことは出来ないのでなるようにしかならないね。

ポイントの為に生活パターンは壊したくない!!。

| | | コメント (0)

2022年10月11日 (火)

値上げラッシュに自衛策はあるか!?

値上げラッシュは日々ニュースで報道されています。

私みたいな年金暮らしの老人にとっては収入は頭打ち、なのに支出は増えるばかり、ホント頭が痛くなります。

と言って頭を抱えているだけでは何の足しにもなりませんね。

私自身は昔から基本的に収支管理をして来ていますので改めて支出を減らす項目は見当たりません。

と言うことは支出>収入にならないようにするだけです。

今回の値上げラッシュで一番堪えるのは電気代です。

夏場のエアコン使用は代替機器として小型扇風機を購入して相応の効果が得られました。

しかし冬のエアコン使用は代替機器がありません。

これが一番堪えます。

何せ我が家の12~3月検針ベースでの電気代は昨年実績約+108千円(+180%(夏場の6~9月比)になります(汗))。

今冬はこれに+α(コストアップ代)が加わるのですから鼻血も出ません。

対策としては日々の食事代や趣味のLP購入資金の圧縮しかありません(しかしこれは雀の涙程度)。

後は何とか支出>収入にならないよう管理するだけです。

大変辛い世の中になりました(今までも生き辛い状態でしたが、更にです)。

ここで私の節約状態を書き留めておきます。

●待機電力を減らす。

1.暖房便座は使用時にオンする。

2.電子レンジは使用後は壁コンセントから電源プラグを抜く。

3.TVは見終わったら必ずオフにする。

●深夜電力の使用によってコスト削減を図る(もう20年以上続けている)。

1.風呂のお湯とか床下乾燥機の作動時間の深夜設定。

こう言うことをやっても自ずと限界はありますが致し方ありません。

●不要な照明はオフ。

特にオーディオルームは薄暗くしています(汗)。

後は現在実施中の東京電力の節電チャレンジに参加して少しでも節約に貢献出来るようにしています。

<ご参考>

~東電のお知らせより~

【改定の主な内容】
○新たな節電プログラム<kWh削減プログラム(前年同月比較型)>の追加

 当社が指定する時間帯におけるお客さまの節電量に対して、当社が節電ポイントを差し上げる「kW削減プログラム(指定時型)」に加えて、12月から3月におけるお客さまの各月のご使用量を前年同月と比較し、3%の節電を達成した場合にくらしTEPCOポイントをプレゼントする「kWh削減プログラム(前年同月比較型)」を新たに追加いたします。

お客さまにプレゼントするくらしTEPCOポイントは、各月40ポイント以上とし、対象月の前月までにくらしTEPCO webでお知らせします。

なお、結果の通知は、特典の付与をもって代えさせていただきます。

| | | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

電気料金のお知らせ(8月分)

昨日↑のお知らせがありました。

コストそのものが上がっているので幾ら節電努力しても仕方がない、と言った諦め感がありました。

結果は

先月比▲2.4%と雀の涙の節電量で金額は逆に+¥1,200.-強でした(昨年同期比では+¥3,800.ー弱でした)。

他の何かで調整しないと私の目標が達成出来ません(汗)。

出来るのはLPソフトの減額位だ(これが中々難しい)。

| | | コメント (0)

2022年7月13日 (水)

7月電気料金の請求額

7/11締め日の↑昨日午後判明しました。

また今は節電チャレンジ期間中なのでどの位コストが上がっているのか調べてみました。

今年と昨年は電気使用料は略一緒でした(僅かに1kwh今年の方が少なかったのに料金は¥3,800強増えていました(汗))。

これだから節電チャレンジで少なくてもポイントが得られるのであればやる価値はあるのですが、とは言え焼け石に水ですが...。

| | | コメント (0)

その他のカテゴリー

お尋ね山野草名 お気に入りアーティスト お気に入り(ステレオLP) お気に入り(モノラルLP) お気に入り(CD) お知らせ これっ、ご存知!? その他風景 ぼやきシリーズ アクセス解析 アバター アルバムソフト ウェブログ・ココログ関連 オーディオ関連 サーロジック・デモルーム サーロジック・ブログ関連 スーパーアナログディスクシリーズ タクシー利用 ニュース パソコン・インターネット フーテン老人徘徊記 ブログネタ モノラル盤ソフト50選 ヤフオク面白笑劇場顛末記 リハビリ散歩 ルームチューン関連 不法投棄 人のうわさ 健康関連 出来事 分電盤関連 四季の花々 夢のSP物語 富士山写真集 富士山定点観測 富士山番外編 市役所関連 年金シリーズ 庭関係 心と体 我が人生に悔いあり!?それともなし!? 我が家の今年の10大ニュース 文化・芸術 朝聴くシリーズ 本(オーディオ関係) 検索ワード 残しておきたいLP 税金関係 竹の浸食 自分史 裁判 裁判の被告 買い物関連 通院関係 電気代 音楽 駄目なオーディオ 駄目なオーディオ関連 1970年代 BN再発盤 CAD図面 CDあれこれ CDソフト CDソフト100選 CDソフト200選 CDソフト600選 CD温故知新 DD盤関連 LP(モノ)あれこれ LPあれこれ LPソフト1000選 LPソフト500選 LP(45)あれこれ MERCURY CD